0d07462b37ee9a8cc0df54f5ab1f8e63_s

192: 修羅場家の日常 2014/08/04(月)12:47:31 ID:DxsnOQixs

3月に住んでいたマンションの契約更新せず
引越しを行う予定だったが、
その時同棲する彼氏の引越しがうまくいかなかったり、
自分の親には報告したり話を重ねたもののうまく行かず
親、彼氏、自分の引越しのことでいっぱいいっぱいだった。

しかしながら自分で決めたこと、と
早く早くにできることを行い、
彼氏もなんとか頑張っていた。

親、といっても母は脳系の病気で、
障害は無いが短期記憶が忘れてしまうような状態。

父に話をするも気まずい雰囲気だった。
厳しいひとだったし。

賛成も反対も自分がすることではない、
お前の問題だ、と言っていた。
でもよく思ってなかった。




また、中旬には大学友人の結婚式に招待され、
受付と二次会幹事もまかされており、
自分のキャパシティと相談しながらOKしたものの大変なことに。
こちらも早め早めに支度をしていた。
仕事と引越しと結婚式の準備で、
ほぼ毎日いつもの半分の睡眠時間だった。

全てをしゃにむに頑張って、
大変だけど自分で決めたことだし、
きっと全てに力を注ぎきれば
引越しも家族の理解も、
結婚式も全てうまく行くだろうと信じていた。
花嫁の喜ぶ顔や祝福する大学の先輩後輩、
そして自分の笑顔を妄想してがんばった。

そんな結婚式にでられなかったときの気持ちが一つ目の修羅場。


193: 修羅場家の日常 2014/08/04(月)13:03:22 ID:DxsnOQixs

そんな忙しいなかでも、
毎月実家には帰って母の顔を見に行っていた。
日帰りでも行っていた。
正直父の顔を見るのは気まずかったが、
会うと父も気まずそうだった。
母は子供のような無邪気な状態で、父になついていた。

以前のヒステリックな母とはちがい、父もまた母に嫌なことを言わなくなった。
母がいる間には父と話はできなかったし、今回話をできる時間はなさそうだった。
実家に帰るのにいつもの電車ではなく、少し遠回りするが楽な高速バスを使おうと思った。
初めてなので乗り場が分からないと困ると思い、
なんとなく隣の市で一人暮らしをしている弟に教えてもらおうと思った。


194: 修羅場家の日常 2014/08/04(月)13:09:10 ID:DxsnOQixs

弟は社交的ではなくむしろぼっち気味で、
ネットと一人旅が好きだった。
携帯も放置気味であまり繋がらない。
今回も繋がらなかったのだが、
電源が切れてるアナウンスになった。
LINEのアカウントはなくなっていた。

母が倒れてから父と頻繁に連絡をとりあうため
LINEをしていたので、弟も父とLINEはやっていた。
父ともめてアカウントを消したのかな、と思っていた。
3月も半ばで、もしや大学の留年でもして怒られたか?と。
実家で父にそれとなく話をふるも知らないと言われた。
会話が父とできない。

やっぱり先行き不安で修羅場。


195: 修羅場家の日常 2014/08/04(月)13:16:25 ID:DxsnOQixs

その日は日帰りで実家から戻り、仕事を挟んで次の休みが結婚式だった。
ワクワクして用意したドレス、新調したアクセサリー。
そしてギリギリまで二次会の準備をしていた。間に合うはず!
間に合うはず!
今夜はあれやってこれやって、
用意して…寝て、明日はヘアサロン行って…
前日までバタバタだった。

前日の仕事休憩中、父から連絡が。
弟に電話繋がらないからちょっと見てきて、と。
まったく何を考えてるんだか。そう父は怒っていた。
まじか、今日寝れるかな…
仕事のあと夜に行くことにした。
彼氏が車を出してくれるとのことで、合流し弟のアパートに行った。
鍵は大家さんに連絡とって開けと居てもらうから、大家さんに挨拶してね、と。
挨拶し弟の部屋に行った。



196: 修羅場家の日常 2014/08/04(月)13:19:36 ID:DxsnOQixs

弟は基本部屋が散らかっている。
だいたい服とプリント類がカーペットがわりなのだと聞いていた。
入った部屋は、そんなことなくて綺麗で、
床も見えてて、服もクローゼットに入ってた。
携帯が机にあって、キャッシュカード、学生証などもあった。
そして、遺書があった。


197: 修羅場家の日常 2014/08/04(月)13:20:28 ID:DxsnOQixs

本人はいなかった。これが二つ目の修羅場。


198: 修羅場家の日常 2014/08/04(月)13:30:11 ID:DxsnOQixs

その場で父に電話して、
新婦に結婚式には行けないことを伝えた。

理由は言えなかった。
家族絡みでちょっと、と伝えた。
散々謝って、新婦も大丈夫、と言ってくれた。

大家さんになんでもない顔でお礼と、
戸締りをお願いして、彼氏の車に乗る。
彼氏は車で待っていてくれたから何があったかは知らない。
遺書をみせて、なんとか最寄の警察署まで行ってくれるよう頼んだ。

警察署で失踪届けやいろいろな話をした。
父は実家から車で向かっているが、
昼間なら3~4時間はかかる。
父が来る前に手続きをして、彼氏と話をした。
記憶があまりない。

父が2時間あまりでついたので、とりあえず弟の家に集合。
父は弟の家の鍵をもっている。

あんなに会いたがらなく、
話もしたがらなかった相手である彼氏と父の、初対面だった。
多分父的にも修羅場だったと思う。


199: 修羅場家の日常 2014/08/04(月)13:35:57 ID:DxsnOQixs

その後はどうしようもなく、とりあえずできることもなく、
父は翌日家に帰り、私と彼氏との交際や同棲も認められた。
なんにもできることもなかったけど、結婚式には出ず、
その後どうなったかを友人のFacebookで知るだけだった。
いろいろな喪失感で泣いた。

私がした準備のものは早朝別の幹事さんに渡したので
それについては大丈夫だったが、
あんなに頑張ったのに、自分がその笑顔の写真の中にいないのを
リアルタイムに見るのが非常にやるせなかった。
三つ目の修羅場です。


200: 修羅場家の日常 2014/08/04(月)13:37:10 ID:DxsnOQixs

書いといて今更ですが、
すごく読みにくい文ですみません。
なんだか勢いのまま、吐き出すように書いてしまいました。


202: 修羅場家の日常 2014/08/04(月)14:11:20 ID:ncwUOIN7Z

>>200
弟様のご逝去を悼み、
ご冥福をお祈り申し上げます。


204: 修羅場家の日常 2014/08/04(月)14:25:33 ID:DxsnOQixs

>>202
おそれいります。
ありがとうございます。

結局、いつまでたってもなんの進展もなく、引越しもすみ、
ただ、どこに弟がいるかもわからず。
なんの連絡もなく、どこかで生きてるのだろうと思いすごしてました。
誰かに迷惑をかけてなければいいけど…と。

数ヶ月後、遠く離れたところで遺体で発見されましたが。

私は、なんだかんだで、
自分でノヒぬなんてできるようなやつではなかったと思っていたので、
きっと生きてると思っていたので。

しばらくはことの次第を理解できませんでした。

遺体は朽ち果て、身元確認にはDNA検査が必要で、親が検体を出しました。
身元確認され、葬儀を内々のみで行いました。

一応周りには事故シということにしてありますが…

正直母のフォローで精いっぱいなのと、父のフォローもあって、
泣くこともできなかったです。
父も私も、泣いたらいけないと思っていました。

骨になった弟は、私が昨年の夏以来に見た弟の姿でした。

随分ちいさくなったな、と思いました。



203: 修羅場家の日常 2014/08/04(月)14:16:06 ID:viYho6YlR

無駄に長い上に弟がどうなったかよく分からんし、
結局自分の事しか考えてない人間に囲まれて育った弟が可哀想だわ


205: 修羅場家の日常 2014/08/04(月)14:31:46 ID:DxsnOQixs

>>203
その通りです。遅筆ですみません。
昨年までは私も弟とたまに飲んだりしていましたが、
弟は大学を2度留年してしまいました。
そうなる前から危機感を持つようには言ってはいたのですが、
本人は余裕こいたり、言い訳ばかりで、
私も一緒に飲んでる立場では
なにも言えないと思い、飲まなくなりました。
実家に帰れば仲良くはしていました。

でも、甘やかされる弟に少し嫉妬があったのもあります。
私は突き放してしまい、結果こうなってしまいました。


206: 修羅場家の日常 2014/08/04(月)23:48:48 ID:UE87J3Lvu

何というか、文章の支離滅裂具合で
精神的に大変なんだな、
というのはよく分かった。

身内に自サツされると、そのシとシに纏わる事が
気持ち的に片付かなくて宙ぶらりんになっちゃうんだよな。
過剰に自分や周りを責めたり
逆に過剰に第三者的に捉えようとしたり、
なんかそういう振り子みたいな感じで。

でもどこかでストンと落とし所に落ち着いて
シんだことを受け入れられる時が来るんだな、
それまでは苦しいんだけどね。

月並みだけど、それまで頑張って生きてれば良い事あるよ、
旨い物喰ったり旅行したりした時に
「あいつに食べさせたかったな」とか
「ここに連れて来たかったな」とか
笑いながら思える日が来るよ。


207: 修羅場家の日常 2014/08/05(火)00:35:37 ID:pAUlgefTy

吐き出したついでに、ちゃんと泣けるといいね


引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その4】