629eb985d22c1be8c3fc67012b0059b4_s

1549: 修羅場家の日常 2014/09/18(木)06:55:33 ID:7kdaPYYTI

母の話
母が大学を出て働き出した頃、
ママンと同棲してた彼氏が今でいうニート、と言うよりヒモに近かった。
けれど、家には犬と猫が居て、
母が働いている時間は世話(+家事)をしてくれるからいいかなーと、
働けとも言わず彼氏の面倒を見ていた。

一方の彼氏は競馬がとても好きで、犬猫の世話をやりつつ、
土日は中央競馬、平日は南関をテレビでずっと見ている生活だった。




そんな同棲生活が1年を過ぎた頃、母は会社の上司から告白される。
「結婚を前提にお付き合いして下さい」
めちゃくちゃ揺れた。
って言うかどうやって彼氏に働いて貰おうか迷った。
その日、家に帰って意を決して彼に、
「このままじゃダメ。彼くんも働いて下さい。そうじゃないと別れます」
と切り出したところ、
彼は慌ててコンビニにいって、

東スポ

をもう1紙買ってきたらしい。
「気づかなくてごめんね、母ちゃんも競馬やりたかったんだね?」
ちげーよバカ、もうこれはだめだ、こいつを追い出そう。

「もう嫌いになった。出て行って下さい」
彼は『分かった』と素直に従った。
犬猫も付いて行こうとした。母が止めた。


1550: 修羅場家の日常 2014/09/18(木)06:55:47 ID:7kdaPYYTI

それから母は上司と付き合いはじめ、順調に結婚まで行くはずだった。
しかし付き合ってみると、上司の嫌な部分もたくさん見るようになり、
家に帰って、
「今日はどんな事があったの?」
と話を聞いてくれる人が居ない。おまけに母が主人のはずのペットもご機嫌斜め。

あれーなんか違うなーと思っているうちに、犬がシんだ。母荒れる。
上司も仕事をたくさん任される様になって、母の愚痴を聞けない。
おまけに母は仕事のミスで閑職に。

ひょっとして私選択間違えちゃった?

あわてた母は上司と別れ、よりを戻そうと彼を探すが、
当時は携帯もないので、連絡の取りようがない。
競馬雑誌に広告を打ったりもしたけれど、全然連絡がつかない。
どうしようもなくなったその年の暮れ、母は最後のチャンスと思って、
1年で一番大きなレースが行われる中山競馬場に行く。
でも10万人以上いる観客の中で1人の人を見つけられるはずもない。
レースがすべて終わって、母も諦めようと帰路に着こうとした時、
ボロボロと泣いてる男がいた。
彼氏だった。


母はドン引きしたが、とりあえず声をかけた。
「やっほー、久々だね」
しかし母に気づいた彼は、
「母ちゃん、テイオー良かったね、テイオー良かったね」←トウカイテイオーと言う勝った馬の名前
と母に抱きつき、また泣きだした。
母はもうなんかどうでも良くなってしまい、泣いている父に、
「一生、競馬やってていいから、もう一度暮らして下さい」
とプロポーズしてしまった。

それから色々とすったもんだあったらしいけれど(当たり前だ)2人は結婚した。
そしていまも父は働いてない。
でも、
「私選択間違えちゃったかなあ」
と笑ってるママンは凄く幸せそうで、
ボロボロ泣いてる父を想像すると笑えて、私は何度もこの話をせがむ。


1551: 修羅場家の日常 2014/09/18(木)07:23:18 ID:Iy3rKXnIa

トウカイテイオー、もうシんでるんだね
競馬しない自分でも名前知ってるくらい強い馬だった


1554: 修羅場家の日常 2014/09/18(木)14:14:33 ID:OJ1OgKstU

父ちゃん働けよwww


1555: 修羅場家の日常 2014/09/18(木)15:00:21 ID:uM7aHt7QT

>「気づかなくてごめんね、母ちゃんも競馬やりたかったんだね?」
>ちげーよバカ、もうこれはだめだ、こいつを追い出そう。

ワラタwwwwww
働かないけれどいい人なんだろうね働かないけれど。


1565: 修羅場家の日常 2014/09/20(土)10:30:18 ID:0nIs91vCB

>>1551
どうしようもない人だと思って読んでたけれど、
トウカイテイオーならしゃーない。
あの有馬記念は、感動する。

そんな毎日競馬やってて
良くお金足りるなあとは思うけれどw


引用元: 何を書いても構いませんので@生活板