d7a890ccd696dc7579e3822b475b9722_s

113: 修羅場家の日常 2015/05/22(金)11:47:26 ID:lKC

毒親から逃げるまでが修羅場だった。
でも毒親だなんてずーっと思ってなかった。
むしろウチの親はよそよりいい親だと思ってた。
苦労して俺を育ててくれてるんだ、頑張ってくれてんだと思ってた。

なんでかというと親が毎日夕飯食いながら

「おまえのためにこんなつらい仕事をやってんだ」

「おまえを学校に行かすためだ」

「おまえが今食ってるメシを稼ぐために、
こーんないやなつらい仕事をやってんだ」

って言い聞かされてきたから、何の疑いもなくそれを信じてた。




ウチは実際貧乏で欲しいものとか買ってもらえなかったけど、
貧乏なのに頑張って俺を育ててくれてんだーと思ってた。
お年玉貯金とかしょっちゅう
「貸してくれ」って言われて出してたけど
一度も返済されたことがない。
でも「おまえを食べさせるため」って言われて、
だよなー俺も協力しなくちゃって思ってた。

高校を出て、大学なんて行けないから当然就職。
親は体がキツイと行って仕事をやめた。
稼ぎ主はおれになった。
ていうか俺しか働いてなかった。

就職して、同じく親の体が弱い母子家庭の女と知り合った。
ぽつぽつ話すようになり、メシ食ったりして付き合うようになった。
親に紹介したら、親も気に入ったのでトントン結婚話が進んだ。
親が結婚するにはもっと貯金がないとと言うから転職、県外に出稼ぎに出た。
風呂なしアパートに住んで家に仕送りし、貯金した。
彼女は母親を置いていけないので地元に残った。
俺が帰省する時のみデートした。金がないので俺の実家でデートするのが増えた。

正月に帰省し彼女と実家へ行った。
親は俺たちを中に入れる前にスコップを渡し
「雪かきして」と行った。俺と彼女は雪かきした。
親がいいと言うまでして、中に入った。
メシを食いながら泣かれた。
「仕送りが足りない。ひもじい。
こんなみじめな思いをするためにおまえを苦労して育ててきたんじゃない」
とシクシク親は泣いた。


114: 修羅場家の日常 2015/05/22(金)11:47:37 ID:lKC

俺は親に謝り「仕送りを増やす」と約束した。

翌日親が出かけている間に俺と彼女は雪かきをし、家の掃除をした。
帰ってきた親は「おまえが帰ってきて結婚したら同居したい」と言った。
「明日から彼女とおれたち(俺の両親)三人で暮らそう。
うちの子になれ。三人で息子を待とう」
彼女は「考えさせてほしい」と言って帰った。
俺は「親の言うとおりにしてほしい」と彼女に言った。
彼女はやっぱり「考えさせてほしい」だった。
俺は県外のアパートに戻った。

その日から彼女と連絡がとりにくくなった。
メールしても3回に1回くらいしか返事がなかった。
一ヶ月くらいして「別れたい」とメールが来た。
俺の親を批判する内容だった。
俺に稼がせてパチしてるのはおかしいとか、
あなたがいないのに同居して給与をあなたの実家に入れるのは納得できないとか、
家にも入れてもらえず雪かきさせられたのが悲しかったとか、グチグチ書いてあった。

俺と彼女は別れた。
両親が彼女に家に文句を言いに行ったらしく、
なにか揉めたみたいだがくわしくは知らない。
完全に別れた。
ふたりで結婚資金として貯めた金は、いらないと言われたからもらった。
実家の風呂のリフォーム代になった。



4年県外で働いたが、結婚という目標がなくなり、
モチベーションが落ちて実家へ帰った。
収入が落ちたので親は毎日「ひもじい」「年をとって金がないのはつらい」
「おまえだって腹いっぱい食べたいだろ」
「俺が働いてた頃はおまえに食うに不自由させなかったのに、おまえはひどい」と言われた。
俺はまた出稼ぎに出た。でもやっぱりモチベーションがなかった。
それどころかどんどんやる気がなくなっていった。

基本的に日雇いの仕事をやってたのでやる気がなくなると収入も落ちる。
仕送りが減ると電話がかかってきて泣かれた。
働かなきゃと思うのに体が動かなくて、布団から起きれなくなった。
酒ばっかのんでたから肝臓が悪いんだと思い医者に行ったらウツ病と言われた。
そっちの科にまわされ、いろいろ聞かれていろいろ答えた。
親との関係がよくないと言われた。キレて、その医者には二度と行かなかった。


115: 修羅場家の日常 2015/05/22(金)11:47:49 ID:lKC

同じようなことを繰り返して何度も医者に行って、
自サツ未遂してようやく薬を飲むようになった。
親がおかしいとやっと納得できたときには30を超えていた。
今思えば親の収入が低いのは真面目に働かないからで、
子育てはいいかげんだったし、俺のお年玉はパチに消えてた。

親を切りたかったがウツで気力がわかなくて、
ずるずる仕送りを続けて、
34歳の時ようやく切る決心がついて連絡先を絶ち、引っ越した。
それからいっさい連絡してないが、シんではいないと思う。
シんだら役場から連絡があるって言うし、いまんとこそれはない。

親から逃げたらもっとスキっとするかと思ったが別にそんなことはなく、
ダラダラウツウツ生きている。
でも仕送り分の金が浮いたので趣味を作った。
ロードバイク。今は休みにロードバイクで走るのだけが生きがい。

たまにワーって叫びたくなるけど、
バイクがあるだけでも生きててよかったなと思う。


116: 修羅場家の日常 2015/05/22(金)11:55:03 ID:G5M

彼女が逃げられて良かった。
それだけ。


引用元: 今までにあった最大の修羅場を語るスレ5