4afce9df6549c131a4c27435fdb32a9c_s

247: 修羅場家の日常 2015/02/17(火)13:46:28 ID:yUA

修羅場というか気持ち悪い思い出。

嫁と結婚したのが24歳の時でまだ子供ができる前だった。
嫁には幼馴染で同い年の、家族みたいな付き合いのAが居た。
俺と付き合う前までは、嫁とAとでよく遊びに行ったりもしてたらしい。

恋人と言うより
もはや家族みたいなものになってるらしかったが、
俺と付き合ってからは嫁の配慮で二人きりで
Aとあったりとかはしなくなった。

嫁曰く「俺にいやな思いはしてほしくない」とのこと。
結婚式にAは来てくれて俺達を祝ってくれた。
正直言ってイケメンだった。

結婚してからしばらくして事件が起こった。




俺が会社の仕事で遅くなって、
嫁に今日は晩飯作らなくて良いから
先に寝ててとメールを送り
帰りに牛丼屋に寄った矢先になんと
Aがスーツ姿で牛丼を食べている。

俺が「あ、こんばんわ…」と挨拶したら
向こうもこっちに気づき、
ニコっと「こんばんわ…」
と返してきた。

A「嫁ちゃん晩御飯作ってないんですか?こんな所で飯なんて…」

俺「ああいえ、この通り会社が遅くなっちゃって、
嫁に晩御飯作らなくて良いって言ったんですよ」

A「でも作って冷蔵庫に入れておくなりしておけば良いんですよ…
嫁ちゃんを甘やかしちゃだめですよ?」

と、少しビール?が入ってるせいか
Aが俺に笑いながら言い寄ってくる

A「俺なら寝ないで毎日ご飯作って俺さん待ってるのに…ww」

俺「いやいや、ご冗談をww」

と笑いながら彼の冗談返す俺。
面白い人だなぁと会話しながら牛丼を待っていたが…

A「すいません…ちょっと隣良いですか?」

と俺の隣に座るA




250: 修羅場家の日常 2015/02/17(火)13:52:54 ID:yUA

Aがいきなり俺のムネをさわさわし始め
A「スーツ越しではわからないなぁ…」
と、今度は俺の半身に手を伸ばしいきなりにぎにぎし始めた

A「おぉ…」

俺「いや何小学生みたいなことをしてるんですかwwww」

と身を潜めるが、Aの姿を見たとたん俺は硬直した。
Aの半身のそれが盛り上がっていたのである。

A「あの…この後俺の部屋ですこし飲みませんか?w
嫁ちゃんは幼馴染だけど女の子だったからあれだけど…
俺さんは男ですし…きっともっと仲良くなれる自信が…」

と言い出した地点で怖くなり

俺「少しトイレ行ってきますね!」
とうそをつき逃げるように店をでた。

あれ以降嫁と子供ができてからは新居を設け引っ越したため
嫁の幼馴染Aとは疎遠になったが、
牛丼屋で見たあのAの狂喜に満ちた笑みは今でも忘れられない。
やさしい嫁に心配させたくないのでいまだに話せずにいる…

風のうわさに聞いたがいまだにAは独身らしい…


253: 修羅場家の日常 2015/02/17(火)16:19:25 ID:7BW

>>250
>狂喜に満ちた笑み
「狂気に満ちた笑み」より怖いなw


257: 修羅場家の日常 2015/02/18(水)01:09:45 ID:MN6

>>250
┌(┌^o^)┐


引用元: 今までにあった最大の修羅場を語るスレ4