6bd5be0164032302e67942e60308f36c_s

403: 修羅場家の日常 2016/10/16(日)03:56:51 ID:ekr

きっぱりと友やめをした!という感じではないのですが、
結果的に友やめに発展した話

私が高校生の時、友人の紹介で仲良くなったAという女子がいました。
Aは気さくで面倒見もよくしっかりしていて、
放課後は他の友人たちも交えてよく一緒にカラオケに行って遊んだりしていました。

ある日、私が誕生日だということで、
Aが紙袋いっぱいのぬいぐるみをプレゼントしてくれました。
私はぬいぐるみなどの可愛いものや
ふわふわしたものが大好きだったので、
その時はとても嬉しくて「ありがとう!」と精一杯お礼を言いました。
しかし、その場で紙袋の中身を全部確かめなかったのが私の間違いでした。

家に帰って紙袋の中を確かめてみると、一番奥底にカードが入っていました。
何だろうと思って開いて見ると、それはQUOカードだったのです。
私はそれを見た瞬間、
今まで舞い上がっていた気持ちがサッと冷めていくのが分かりました。




友達の定義、というとちょっと違うかもしれませんが、
私は友達と直接お金のやり取りをすると、
「友達」というポジションを
お金で買っているような気分になってしまうので、
当時から好ましく思っていませんでした
(物を介せば気にならないのですが)。
さらに、Aがアルバイトをしていたという話も聞いたことがなく
(高校でアルバイトは禁止されていたこともあり)、
そのお金はAの親が働いて得たものだと、
高校生ながら生々しく感じてしまいました。

しかし一度はプレゼントとして受け取ってしまったもの。
それを昨日の今日で突き返すのは怖かったのですが、
やはりどうしても受け取れないと思い、
翌日Aに直接それを返しました。

謝罪の言葉と共に、
「気持ちは凄く嬉しかった」
「でも友達からお金を受け取ることはできない」
という旨を添え渡したのですが、
Aはそれを見て、きっぱりと「いらない」と言いました。

恐らく、この「いらない」は私がそのカードを返す行為を
すぐに諦めさせようとするために言ったのだと思うのですが、
それでも「自分がいらないものを人に贈るのってどうなの?」
という思いが出てしまい、
結局返す返さないの論争に発展してしまいました。

最後は私が手紙を書いてその中にカードを入れ、
彼女の下駄箱に入れるという形で終わったのですが、
それ以降Aと私の関係はぎくしゃくしてしまい、
高校卒業と共に疎遠になってしまいました。

当時、Aのことを紹介してくれた友人も
この論争の場面を目の当たりにしていたのですが、
彼女に言わせると「私だったら貰っちゃうかなー」だそうで。

何にせよ、相手の性格がいくら良くても、
お金の価値観が合わない人とは長続きしないんだろうなーと
今でも度々思います。


404: 修羅場家の日常 2016/10/16(日)10:09:16 ID:R33

友達からのプレゼントで
QUOカードとか金券とかはなんかイヤだって言う気持ち分かる
感覚的なものだから抵抗ない人もいるんだろうけどね


405: 修羅場家の日常 2016/10/16(日)20:42:24 ID:g5L

>>403
お金やお金と同じ価値のある物を
友達へのプレゼントにすることに抵抗があるのは理解出来る
これこそ価値観の違いだから仕方ないよ
ま、彼女とのご縁も卒業する時期だったってことでいいと思う


引用元: 友達をやめる時 inOpen 3