b3fb1cd1f9ff239e361e897bfad7be2c_s

508: 修羅場家の日常 2015/05/29(金)12:32:39 ID:P4p

以前賃貸マンションの1階に住んでた時、
裏の空地でボール遊びする子が絶えなくて
1階専用庭にボールが飛び込んでくることがよくあった。

ボールを返すたびにボール遊びは止めてね
って注意してたけど全然聞き入れてもらえず、
小学校に連絡して注意もしてもらったけどダメ。

外壁にドーン!って当たることもあったから
生まれたばかりの子がビックリして泣き出すし。




ある日、ソーラー式の壁掛け時計を買って
窓際で設置場所を考えていた時に軟式野球ボールが飛んできた。

窓ガラスをぶっちぎりで割って部屋に飛び込んできたんだが、
その時に割れたガラスが私の眉の上を切った。
一瞬にして視界が真っ赤っか。

何事かと飛んできた夫は
血まみれの私の姿を見てこんな顔になってた→ (゚Д゚;) ヒィィィィ

血がどくどく出て止まらなくて、クラッとしてきたので救急車を呼んだ。
傷は8センチ、幸いそう深くは無かったけど20針ほど縫った。
ボールを投げたガキは逃げて誰だか分からず、その後も謝りにも来なかった。

なので
「ボールは証拠品として保存してあります。
警察に届ける前に申告してください」と貼り紙をした。
そしたらすぐに母親と共にミスド()を持って謝りに来た。

母親は
「母子家庭で生活が苦しく、
子供にはゲームひとつ買ってやれないので外で遊ぶしかなかった」と
聞きもしない事情を一気にしゃべった。

「借金で首が回らず、給料日まで生活がもつかどうか・・・」
「別れた夫からの養育費も滞ってて・・・」みたいな事も言い出して
暗にガラス代も治療費も請求しないでちょんまげ、とでも言いたそうだった。

傷は医者が言うにはそれほど目立たなくはなると言うことだったし、
前髪で十分隠せる場所だったこともあり、
そう大袈裟にするつもりはなかったのに
その態度にムカついたので、
顔に縫い傷付けられたんですから
本来なら慰謝料を請求したいところですが
ガラス代と治療費をキチンとお支払い頂けるなら
慰謝料までは請求しませんと言ったら涙目で了解した。

生活苦は本当のようで保険にも入っていなかったらしく、
まるで請求するこちらが悪人のようだった。
母子家庭だろうがなんだろうが、
子供がやったことに親が責任をもつのは当たり前だろ。

こちらとしては十分譲歩したつもりだったのに、
その母親の友人とやらが同じマンションに住んでて
私たち夫婦が冷酷かのごとく触れ回られた。
まぁ、まともな人はちゃんと判断してくれたけどね。

ちなみに、その後夫は映画やドラマのスプラッターな場面が観れなくなった。
血まみれの妻の姿を思い出してガクブルしてしまうそうだ。
血を流していた側の私は全然平気。


510: 修羅場家の日常 2015/05/29(金)12:37:46 ID:F2z

大変だったね。その後大丈夫ですか?
本当、自ら進んで謝りに来ずそういう自分の事情ばっか言う奴って最低だね




511: 修羅場家の日常 2015/05/29(金)12:49:54 ID:gsK

そのくせ自分や自分の子が被害にあった場合は
「子供のしたこと?そんなの関係ない!よくもうちの王子タンにふじこー!!!」
となるのがキチママクオリティ


512: 修羅場家の日常 2015/05/29(金)13:32:52 ID:gH4

災難でしたね
母子家庭でもきちんとしてれば
借金まではいかないはず
お察しですよね


513: 修羅場家の日常 2015/05/29(金)13:50:02 ID:u4R

その後ボール遊びは止んだのかしら
少しズレて目を直撃とか赤ちゃんに何かあったらとか考えたら怖すぎる


514: 修羅場家の日常 2015/05/29(金)14:41:55 ID:P4p

レスありがとう。
ボール遊びはさすがに止みました。
でも色々面倒なこともあって(その母親の友人の件とか)
私たちの方が引っ越しました。
本当に>>513さんの仰る通りで、
当たったのが子供だったらと思うとぞっとしましたよ。


516: 修羅場家の日常 2015/05/30(土)12:43:25 ID:7uF

恐い話だね。もし自分の子供がそんなことしてしまったら、
三つ指ついて謝って弁償治療費の他にお詫びもするわ。
まあ何回言ってもボール遊びやめなかったくらいだから
常識がないのだろうね。


517: 修羅場家の日常 2015/05/30(土)14:49:10 ID:Uab

本当に赤ちゃんに怪我がなくて不幸中の幸いかな?
母子家庭や貧困家庭だから何なんだよって話だよね
他人に迷惑かけて詫びる金もないなら
せめて子供が悪さしないように躾けなきゃね


引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 2