153b88879296caa6c48a795733688bd6_s

649: 修羅場家の日常 2015/08/24(月)04:54:28 ID:0eg

卒業した短大の教授から聞いた話。

ゼミの時間中、
一人の女子生徒(以下、Aさん)の顔色が悪いことに気が付いた教授。

声をかけても「大丈夫です……」と言い張るAさんだが、
顔は真っ青、体もふらふら。どうみても大丈夫じゃない。

ハラハラしながら見ていると案の定Aさんはゼミの最中にぶっ倒れ、
慌てて教授はAさんをおぶって、
保健室的までAさんを
(なんでよりによって一番遠い棟なんだと思いつつ)
運んであげた。




で、疲れた教授は保健室で休憩がてら、
ちょっと回復したAさんと世間話をしたらしい。

教授
「それにしても、俺がおぶった女子生徒はお前で二人目だなー」

A
「そうなんですか?」

教授
「以前、行事で登山した時、一人女子生徒が足を怪我してな。
応急措置でどうにかなるものじゃないし、車もこれないし、
結局、交代交替で麓までおぶっていったんだ」

A
「へー、そうなんですか、大変でしたねー。あははー」

って感じで。
母校は短大で人数が少なくて、
その分教授と生徒間の距離も近かった。
行事もほかの四年制大学に比べると多かった気がする。


で、それを踏まえて。
↑の会話をした数ヵ月後の、ゼミの研究成果発表会にて。


年によっても違うんだけど、
その年の研究成果発表会は、
後輩に「このゼミはこんなところですよー」って紹介する意味もあって、
研究成果だけでなく、スライドでゼミの思い出なんかも発表してたらしい。
そのうち、卒業も間近なAさんは感極まり、発表をしながら涙ぐんでしまった。

A「先生にはっ、本当にお世話になって……!
私が具合悪くなった時も、保健室まで連れてってくれて…!(涙声)」

教授(ああ、あの時のことか……)

A「それで先生はっ、
『お前が二人目の女だ』って言ってくれました!(涙声)」

教授(妙な言い方をするなあああああ!!!)

脳内で悲鳴を上げたらしい。
ほかの教授の生暖かい視線がいたたまれなかったとか。

幸い、そのAさんは普段から言葉選びを間違える(?)ところがあるらしく、
ほかの教授もそのことを知っていたので
妙な誤解は受けずにすんだらしいけど、
Aさんが爆弾発言をした時の教授の心境は修羅場だったと思う。


650: 修羅場家の日常 2015/08/24(月)09:21:52 ID:zFz

教授は笑えなかったろうねw


651: 修羅場家の日常 2015/08/25(火)22:04:20 ID:8wg

>>650
確かに、当人としては笑えない話とは思いますがw
少なくとも、この話をしてくれた時は笑い話として話してくれました。
そして、教室も爆笑の渦でした。先生、すいません。


引用元: 笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】