eae213be89d0e5a3066c81ea97f306c6_s

1: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)11:57:20 ID:W6T

興味ある?なら書くんだけど




3: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)11:58:29 ID:W6T

俺が新卒で入った障害児施設の話だから
もう4年ほど前になるかな。

大学を卒業して知的障害児の施設で働き始めた。
そこは障害児と言いながら年齢を達しても
次の行き先が見つからない成人も何人かいた。
そのため一番下は3歳、
一番上は28歳と親子ほどの年齢差があった。


5: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)11:59:19 ID:W6T

その中の1人、Aは19歳で中程度の障害であったけど
意思疎通もできある程度の自立もしていた。
が極端に気分にムラがあり気分が乗らない時は
とてつもなく行動がスローになってしまうことがあった。

また当時、学校を卒業したばかりで
今までの学校へ行くという習慣がなくなってしまい
不穏な状態が強く暴言や軽い暴力が続いていた。


6: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)11:59:44 ID:W6T

そんな時に問題が発生した。

普段は夜勤明け1人、早番2人という配置だったのだが、
ちょうど子供たちは夏休みであり明け1人、
早番1人という配置になっていた。

その日の早番は俺で明けは主任であった。
食事後の洗い物を俺がしてると
Aが使った食器を持ってきた。
俺はAから食器を受け取り洗い物を続けてると
後頭部にガツンと衝撃が走った。

Aが拳で殴ってきた。。。
理由を聞いても答えなかった。

Aが戻ってこないから主任が迎えに来た。
事情を説明すると、
1度主任が落ち着かせるためにAを連れていった。

洗い物を再開すると
今度は主任の悲鳴が聞こえてきた。
何事かと見るとAが主任の髪の毛を奪って
主任のことを殴ってる姿だった。

俺は慌てて、Aを羽交い締めにするが
まったく意に介せず暴れ続ける。
何とか立ち上がった主任と2人掛りで
その場に横にして制圧することには成功した。


7: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:00:32 ID:W6T

俺はAの上に乗り抑え続け、
主任は施設長と他部署の屈強な男性職員2人を呼んできた。

施設長が話しかけるが
Aは完全に獣のような状態で話にならない。
男性職員3人で抑え続けていたが
少しでも力を抜くと再び暴れるのが目に見えていたため、
主任が拘束担架を持ってきてそこに乗せ、
他部署の空いてる部屋に運んで行った。

その日からAは昼間は隔離部屋で、
男性職員の夜勤では隔離部屋に、
女性職員の夜勤では他部署で過ごすようになった。

だが落ち着くことはなかった。
往診にくる掛かり付け医が
精神薬を調整していくがまったく効果なかった。
このままではどうしようもなくなるので
精神病院に入院することになった。


8: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:01:11 ID:W6T

入院してから1ヶ月、
入院先から面会できるくらいまで落ち着いたというので
俺と先輩で行くことになった。

面会室に案内されるがAが見当たらない。
いるのは骨と皮だけとしか言いようがない
中年と思われる男性が車椅子に座ってるだけだった。

看護師にAは?と聞くと、
看護師は目の前にいる中年を指し示した。
1ヶ月前は60kg近くあった体重が
今はどう見ても30kgあるかないかというくらい
やせ細っていた。

こちらが話しかけてもまったく反応を見せない。
色々な薬を試しすぎた結果、
廃人になってしまったんだろうと
素人でもわかるような状態だった。

更に2か月間、色々な職員が面会に行くが
反応は全くなかった。
そして、11月も終わりになろうという時に
主任から連絡が入った。
Aが亡くなったということだった。

死因は心不全と言うが
それが薬の副作用なのか
それとも本能的な自殺なのかは未だにわからない。




9: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:01:30 ID:W6T

長くてスマン。
これで終わりだわ


10: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:02:34 ID:W6T

まぁ、大して面白くないよな


13: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:06:33 ID:w7a

なんかが>>1の中で引っ掛かってんのか


14: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:07:08 ID:W6T

>>13
引っ掛かるというか
だいたいこの時期になると思い出すんだよね。


16: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:09:53 ID:w7a

縁の無い世界の終わった話だからな


17: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:10:34 ID:W6T

>>16
それもそうだな。
ちょうど今のような時期だったから
思い出すから書いてみたんだわ


20: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:11:51 ID:XlK

殴られたときに>>1が怪我してたら治療費は出るのか?


21: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:12:39 ID:W6T

>>20
俺怪我したけど何にも出なかった。
強いて言うなら地元の女友達に話したら
ペロペロされたぐらいだな


22: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:14:15 ID:XlK

>>21
出ないんか。ひどいなそれ。(後半はスルー)


23: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:14:52 ID:W6T

>>22
一番可哀想だったのは主任だな。
隠してた秘密が発覚してしまったんだはさ


24: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:15:46 ID:w7a

奪ったって言い回しはそういうことか


26: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:16:46 ID:W6T

>>24
そういうことだ。


25: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:16:29 ID:XlK

>>23
秘密?なんか読み落としたかな俺


26: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:16:46 ID:W6T

>>25
髪の毛を奪って


27: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:18:07 ID:XlK

なるほど。主任災難だなw


28: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:18:41 ID:W6T

>>27
うむ、それを見たのは俺だけだったから良かったものの


29: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:18:55 ID:w7a

今もその手の仕事してんの?


30: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:19:35 ID:W6T

>>29
うん、別の施設で働いてるよ


36: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:32:12 ID:w7a

>>35
初見だな
こういう仕事は無意識にタガが外れていくんだよな




37: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:32:59 ID:W6T

>>36
うん、そうなんだよね。
つくづくそう思う。


38: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:38:26 ID:w7a

>>37
他の人の対応を見て
「広義の虐待だなこれ」って思うこともあるけど
自分も同じ線路上に居るような気がすることがよくあるよ
こういうことも段々感じなくなっていくんだろうか?
とかね


39: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:47:10 ID:W6T

>>38
特に無知な時は頭ではいけないとわかっていても
やってしまうんだろうね


40: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:49:44 ID:W6T

日本語おかしいな。

特に未経験や入りたての時は
自分より経験のある人間のやることが手本になるから
頭ではいけないとわかっていながら
他にやり方を知らないからやってしまうんのだろうな


41: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:52:05 ID:w7a

>>39
そもそもそんな強固な自制心持ってたら
介護職なんかやってないだろうしね
我慢して当たり前っていう管理側の意識もあるし
虐待が起きる構造になってんだと思うよ


42: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:55:38 ID:W6T

>>41
(;-ω-)ウーン
その言い方はなんか偏見あるようで同意できん


43: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)12:56:53 ID:w7a

>>42
まあ偏見というか体感?w
介護職に対して悪意があるわけじゃないんだよ


45: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)13:02:41 ID:W6T

>>43
悪意が無いのは理解出来る。
体感ってことは同業かな


46: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)13:07:21 ID:w7a

>>45
同業だよ
他から来たから生粋の介護畑の人とは
目線が若干違うかなとは思うけども


44: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)13:00:36 ID:w7a

気持ちの置き方がなかなか難しい仕事だと思うんだよな
作業的な面もあるけど
職員の仕事に対する意識が質に出やすいよね


45: 修羅場家の日常 2016/07/21(木)13:02:41 ID:W6T

>>44
うぬ、それには同意


引用元: 新卒で働いてた職場での廃人の話