ec8bcd972b791475f24ae64d5a79e619_s

232: 修羅場家の日常 2016/07/12(火)23:00:13 ID:nrU

10年くらい前の出来事。
俺の幼馴染Aは昔から頭が良かった。
中学は俺もまだ勉強が出来たので
Aと一緒に県トップの高校に進学したんだが
そこで俺は成績がワースト5に入るような劣等生、
Aは学年トップの優等生で
いつも俺はAに勉強を教えて貰う事で
何とか赤点を回避している3年間だった




大学でAは旧帝大に進学した。
そこでも成績は良かったようで、
成績優秀者といて毎年張り出されてたようなレベル。

そんなAが大学3年生になって
突然航空自衛隊に入ってパイロットになりたいと言い出した。
Aの両親も研究室の先生たちも
皆驚いて止めたんだけどAは聞かなかった。

俺も聞いたときはそこまで入りたいならなんで、
高卒で航空学生になるとか
防大行かなかったんだろうと思ったんだけど
Aは「人と変わったことがしたい」と言っていた。

そこからAは猛勉強して、
筆記面接適性試験と全部通り
無事幹部のパイロット候補生?として自衛隊に入った。
Aはそこで学校に入るために地元を離れたので、
連絡が疎遠になった。

そこから数年後俺も就職して
Aと近況報告をする機会があったので話していたら
Aはパイロットになる課程の途中でリタイアしていた。
それもクビとかそういうのではなく、
Aから自主的に申し出たらしい。

その理由は「勉強についていけなかった」だった。
俺は本気でビックリした。

いくら勉強しても勉強しても、
そもそもその過程に集まってる奴らは
勉強出来て当たり前の奴らだから
その水準に合わせて
怒涛に難しい勉強の課題が出されるらしい。
それで普段は訓練と授業を受けて、
夜の寝るときまで必死に勉強をして、
Aも課程の前半までは何とかついていけたんだけど
後半からはどんなに頑張っても
完全に置いて行かれてしまって、
劣等生になってしまったらしい。

当然のAの周りもみんな必死に勉強して
食らい付いて行ってて、そこからAは零れ落ちてしまった
そしてA程に勉強しなくても
軽々と優秀な成績を取る「天才」たちを見てしまって
「俺には無理な世界だった」とAはリタイア。

自分が劣等生になってしまったということ、
上には上が居るということ
それにショックを受ける自分に辛かったことと、
周りが凄い本気で
「人と変わったことがしたい」程度の動機じゃ
食らい付いていく土台にならなかったんだと。

パイロット候補生も止めても幹部候補生として
自衛隊に残ることは出来たらしいけど、
Aは自衛隊を止めて今は普通にメーカーで働いてる。

なんか上の世界を見てしまって本当に衝撃を受けた。




233: 修羅場家の日常 2016/07/13(水)15:00:22 ID:GCH

>>232
空自のパイロットは
文武両道のガチエリートしかなれないからな


236: 修羅場家の日常 2016/07/13(水)19:12:05 ID:vrb

>>233
前に空自のパイロットの人と話した時、
「応募資格に視力の規定があるからアホしか来ない」
って嘆いてたけどな。
アホのレベルが違うのかもしれんが。


234: 修羅場家の日常 2016/07/13(水)18:04:18 ID:Kle

へーそうなの 
以前自衛隊から民間に移って
国際貨物運んでるパイロットにナンパされたけど
アタマイイようには見えなかったが…

札束ひけらかしてたけど、
あたしは派手好きCAじゃないんで何とも


235: 修羅場家の日常 2016/07/13(水)18:13:45 ID:4bu

人格は別問題だからなー


237: 修羅場家の日常 2016/07/14(木)03:25:09 ID:dZw

空自のパイロットは面白い人が多いみたいだよ
(下手すると紙一重w)
航空学生のときの話を身内から聞いたことがあるけど、
腹が痛くなるほど笑った記憶

和気藹々な感じがすごくしたけど、
命がけの仕事のための
厳しい訓練だからなんだろうなと思った
民間へ移った人もいるが、
札束ひけらかすような人のことを聞いたことはない


引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その12