39571fd97e1f8a6fe7e44ea0c0fe104d_s

460: 修羅場家の日常 2016/04/29(金)22:50:36 ID:JwD

20年も前の話だけど、地元でも有名なビルがあった。
そこにはヤクザの事務所が入っていて、
ある日オジサンが落ちてきた事があった。




最初に「や、やめろおおおおお!」と言う絶叫。
友人と自分は驚き見上げたら、
三階の窓の縁に掴まり必死に耐える赤茶色の背広きたオッサンが!
どうやらビルの中から誰かに押されているらしく、同時に殴られていた。

そして自分らが確認した時に、ズルッとオッサンが落下!
「ボト」と「ダーン」という二種類の落下音を合わせたような音が響く!

…でもオッサンはムクッと起き上がり、
「やりやがったなぁあああァアアアア!
ウォゴラァアアア!!(?)」と叫びながら、
螺旋状の非常階段を使い、再びビルに突入していった。

友人と自分は警察を呼ぶべきがどうかアタフタしていた。
実際、大喧嘩している声や怒鳴り声酷いし、人も集まっていた。

すると「うがあああああああ!!!」と
言う腹の底から絞り出したような声が!
見上げると、今度は二階の窓に先ほどのオッサンが!
またしても窓の縁を必死に掴み耐えていた!

さっきより多くの人に押されているし、
さらに棒のような物で殴られている!
だが、またしても落下!今度は背中からもろに落下!




461: 修羅場家の日常 2016/04/29(金)22:50:49 ID:JwD

……今度は、その後全然動かなかった。
「流石にヤバイだろぉー」と友人と一緒におっかなびっくり近寄ると、
急に目を「カッ!」と見開き、「まだ奴らはいるんか?」と凄まれた。
ものすごく低い声で落ち着いていて、頭に深く響く声だった。
ビビって声が出ない自分とはよそに、友人が「いる!」とだけいうと、

オッサンはすくっと立ち上がり
「はよドッカ行け、見世物じゃねーぞ」と。
そして「オッシャラァアアアアアアアアア!」
と叫びながらビルに再突入していった。

だが、足元がおぼつかなかったのか、
螺旋状の非常階段の二階と一階の間ぐらいから落っこちた。
今度はすぐに起き上がり「クソクソクソ!!」とオッサン怒鳴りながら、
ふらふらと階段登っていった。

その後は、ボーと眺めていたら警察が来て、ビルから離されたのは覚えている。
どうしてそんな大事になったのか、何があったのか詳しくは知らないが
この話を、その時の友人とはよく酒のツマミで話す。
それで来ないだ酔った勢いでそこのビルに行くことになった

……窓にはしっかりと柵が嵌めこまれ、
非常階段には落下防止ネットが。
非常階段ではないビルの入り口は、
明らかに後付しただろう手すりが付けられていた。

絶対あのオッサンが取り付けを支持したのだろうと、
2人で馬鹿みたいに笑った。


462: 修羅場家の日常 2016/04/29(金)23:28:48 ID:fqn

落下オッサンは何でできてるんだ…?
一人で多勢の中に突っ込んでくのも凄いけど、
一度落とされたら懲りるだろうにw
まぁ、無事に生きてるようで良かった


463: 修羅場家の日常 2016/04/30(土)16:09:14 ID:Gi2

>>462
やっぱり、
カエルとカタツムリと
小イヌのしっぽで出来てるんじゃないか?


引用元: 笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】