d37451651cb811c6f28073674e95d656_s

420: 修羅場家の日常 2007/04/29(日) 23:25:55 ID:ENBx0bdG0

私の祖母は、小さな小さな駄菓子屋を経営している
田舎なので、近所にはコンビには無い
一番近いコンビニまで、車で10分近くはかかるような所だ
なので、近所の小学生なんかは、よくウチの店で買い物をしていってくれるんだ
土日は仕事が休みなので、よくばあちゃんの代わりに店番をしてるんだが、
昨日買い物に来た小学生(姉・弟)にテラ和んだ




(´∀`)「好きなもの選んでいいよ。でも200円までね」
(・ω・)「うん!じゃあこれとこれとこれ!」
(´∀`)「たくさん選んだね。ちゃんと食べられる?」
(・ω・)「ううん!姉ちゃんと食べるから大丈夫!」
(´∀`)「え?お姉ちゃんにもくれるの?」
(・ω・)「うん!一人で食べてもつまらないもん!」

今時こんな姉弟もいるのかと微笑ましくなった
すると弟、てこてことジュース売り場に向かい、
一本60円の小さな缶ジュースを2本持ってきた

(・ω・)つ「これ下さい!」
(´∀`)「2本も買うの?お金足りないよ?」
(`・ω・´)「これは僕のお金で買うの!お姉ちゃんと半分こするの!」
( *゚Д゚)「・・・お姉ちゃんの事大好きなんだね」
(`・ω・´)「うん!大好き!」


東京から帰省するたびに「てめぇ邪魔だボケー」と、
コタツで寝ている私の脳天に
かかと落としを喰らわせるウチの弟とは大違いだ


423: 修羅場家の日常 2007/04/29(日) 23:47:43 ID:o29ioYDi0

>>420
すげえなごんだ。ありがと。


427: 修羅場家の日常 2007/04/29(日) 23:55:04 ID:eybmTXqZ0

>>420
なごんだ!いいなあ~、かかと落とし…( *´Д`)


433: 修羅場家の日常 2007/04/30(月) 00:19:24 ID:y5oiXLxt0

>>427
ちょ・・?和むのソコかよw


引用元: あなたの心がなごむとき~第36章