961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s

239: 修羅場家の日常 2016/07/14(木)11:54:39 ID:lnL

母が離婚を決意する瞬間を真横で目撃した事。

母は娘の私から見てもエネMEな人だった。
職業は看護師。父は会社員。
今思えば母の方が年収は上だったけど、
父が家庭内のお殿様だった。




父は私達子供のことは可愛がっていたけど、
自分>子供な人だった。
母は父方親族にいいように使われていた。

まず祖母の介護のため夜勤なしの病院に転職し
(給料がすごく下がったらしい)
昼は働き、夜は介護。
祖母の死後、ほっとのしたのもつかのま、
離婚した叔父(父の弟)が癌に。

女手のある家で看病してもらいたいと
我が家に転がり込んできて
これも介護。
その後、父の伯母にまで介護要請され、なんと通いで介護に。
週2で電車で通ってた。

私達は
「父の伯母まで看ることないよ、断りなよ」と進言したし
叔父が転がり込んできた時も止めた。
及ばずながら叔父の介護も手伝った。
叔父は恩を仇で返すように、
回復後うちからお金を借りて行って踏み倒した。


240: 修羅場家の日常 2016/07/14(木)11:54:48 ID:lnL

そして父は60歳で退職。
母は当時57歳。
長女である姉に彼氏ができたと知り、父は言った。
「ジジババのいる家なんて!
介護させられるに決まってる!
そんな家に娘はやれん。
他人のクソを始末させるために俺は娘を育てたんじゃない!」

母がスーッと醒めるのが真横で見ていてわかった。
「引くわー」ってああいう状態のことを言うんだなと思った。

その後、びっくりするほどトントン拍子で離婚成立した。
私はもう大学生だったし、姉は社会人。
母と私は市外のアパートへ引っ越し、姉は一人暮らしになった。

私はまだ母と暮らしていて、
母は今は引退して主婦してる。
丸々と太って幸せそうに寝転がって毎日テレビを見てる。
母の年金+私の給与で暮らしていくには充分だし、
何も不自由していない。

父のことは姉と私がたまに見に行っている。
父を哀れに思うこともあるけど、
あのままだと母は早死にしただろうから正しい選択だったはず。
世の中のエネMEな人が皆早く目覚めればいいのにと思います。


241: 修羅場家の日常 2016/07/14(木)17:57:16 ID:kwl

>父を哀れに思うこともあるけど

全然思わない
どこに憐れむ要素があるのだろう…

最後の一文は同感


242: 修羅場家の日常 2016/07/15(金)02:37:46 ID:rys

糞父なんか放置でいいのに、と思った。
お母さん幸せそうで良かった。



引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その12