1

412: 修羅場家の日常 20/02/02(日)11:14:21 ID:1a.ju.L4

職場で同僚が
「九時過ぎに帰って夫に
揚げ物食べたいって言われると
ゲッソリする」という話で盛り上がってたから

「うちは向こうだけが食べるなら好きにさせてるよ。
油の始末も慣れてるし」と言ったら
話が噛みあわなかった。

うちは「夫が自分で揚げて食べるのが好き」

向こうは「夫が揚げ物を食べることのみ好き。
揚げるのは妻の仕事」

だとわかって、
ああー夜九にそりゃゲッソリだわ!と納得。

そういえば両親も、
父が平日遅くでも唐揚げ希望して
母(看護師)がウザがってたなーと思い出した。

うちは結婚してすぐ夫が自分から
「揚げ物は俺の仕事」と率先して揚げてたから、
何となくそういうもんだと思ってしまってた。

私は揚げ物すると油負けして
お腹いっぱいになっちゃうけど、
夫は全然そんなことないから
適材適所なんだよね。




帰宅して「何で揚げ物係になったの?」と聞いたら

義母はメシマズじゃないが料理の段取りが悪くて、
揚げ物してからサラダを作る、
揚げ物してから味噌汁作りに取りかかるという人で

いつも冷え冷えの揚げ物を出されてたから、
耐えかねた夫が「俺が揚げる!
お母さんはその間にサラダと味噌汁して!」と立候補し
その後ずっと揚げ物係してたらしい。

「自分で揚げた方が好みの揚げ加減にできるし、
アツアツが食えるし、
ビール飲みながら揚げたそばから食えるし
欠点が見あたらない」と力説された。

「そうだよねー
揚げ物って男性の仕事だよね。
あなたはさすがわかってるわ、
あなた最高、結婚してよかった」
ってメチャクチャおだてといた。

おだてっていうか本心だけど。

私は唐揚げも天ぷらも二つくらい食べれば充分だから、
食べたいだけ自分で揚げて私にもおこぼれをくれる夫最高。


415: 修羅場家の日常 20/02/03(月)16:58:57 ID:wE.kh.L1

>>412
最後のオチでご馳走様

アツアツの唐揚げでも
末永く仲良くやるがいい


引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その26