1

213: 修羅場家の日常 2009/10/11(日) 18:22:56 0

家のトメ、凄い過干渉で疲れる。

本当にちょっとしたことでも
何でも知りたがって、段々詰問口調になる。

例えば私の携帯に電話がかかってきたら
「誰?」
「どこの人?」
「何の用事?」
「息子もその人知ってるの?」
「いつからの付き合いなの?」。

ちょっと出かけてる時に電話が来て
「今出先なので」と言うと

「大丈夫なの」
「お金持ってる?」
「何買うの?」
「迎えに行こうか?」
「傘持ってる?」






何でそんな事聞かれなくちゃ
いけないんだと思いつつも相手してたら、

「Aさん(私親戚)って血液型何型?」
「どこの大学?」
「仕事何してるの?」
と、私の親戚にもそれが広まった。

さらに
「お給料貯金してる?」
「税金払ってる?」
「今残高いくらなの?」
「定期は?保険は?」
「電話代かかり過ぎてない?」
「そろそろ冷えるけど息子新しいコート買う時期じゃない?」
「お風呂には長めに入るようにしてね」
「お風呂から上がったらすぐフトンにね」と
もうウッギャーーー!!って言いたくなるほど。

夫に対しては言わない。

何度も何度も切れに切れまくって、
大学は地元や東京にも沢山あったが
「そう簡単に来れない様に」と遥か北の大地へと進学。

毎日の電話攻撃を突っぱねたから。

転勤で比較的義実家に近いここに引っ越すことになった時、
夫軽く落ち込んでたしな。

私が甘やかしたから悪かったんだなと思い、
もう良い嫁やめる事にした。

トメが来た時、私携帯にメールが来た。

返事してると案の定トメ
「誰から?」と言ってきた。

軽く「ああ、お義母さんには関係ない事です」。

トメ「えっ!?」って顔してた。

でもめげずに「アラだって気になるじゃない。誰?」

「トメさんの知らない人ですよ」

トメ、ここで黙るがまたメールの返信が。


216: 修羅場家の日常 2009/10/11(日) 18:23:54 0

「いい加減にして。そんなに大事な用事?」と言われたので

「ええ、そうなんです」と言うと

「そこまで大事な用事って何よ!」



「いえ、トメさんにとっては大事じゃないですね。
知らない人ですし私事ですから」

「言えないような用事なの!?そうなの!?」
と切れそうになってるんで

不思議そうに「いいえ?どうしたんですか?」

「だから何の用事なの!言いなさい!
親として子供の交友関係は知る必要があるんだし!」

内心ガクブルだったけど涼しい顔で言った。

「私とお義母さんは親子じゃないですし、
もう子供でもありませんから必要ないです。
なぜそんなに私の事を根掘り葉掘り聞くんですか?
これはお義母さんには関係ないですし」

こんな感じでひたすら関係ない関係ないと言い続けた。

トメ急に泣き顔になって
「心配してるのに何なの!?
昔は何でも話してくれたじゃないの!
どうして急に変わっちゃったの!?
息子があなたに何かしたの!?
だったら話して!私も協力するから!」

「私と夫の間では何もありません。
ところでお義母さん、
ウトさんの会社って何人くらいの会社?
お給料は?
今貯金はいくら?
保険はいくら?
最後にスーツ仕立てたのっていつ?
どこで?いくら?
昨日のお夕飯は?お醤油はどこの?」
と思いつく限り並べ立てた。

トメは「何よ、何なの!」と怒りだしたけど
「こういう事ですよ。
今までだって話してたんじゃなくって
詰問されて聞きだされたんです。
止めてくださいよ、もう。
近所でもやってるんですか?
育ちが悪いなぁ…ったく
大学進学の時の夫さんの気持ちわかるわ~…ふーー」

トメは「もういいわよ!」
って怒って泣きながら出て行った。

もーくんなよーw

ちなみに用事は単なる雑談だった。
ドキドキしたけど言ってよかったよw


220: 修羅場家の日常 2009/10/11(日) 18:28:16 0

>>213
うざいトメだね、GJ!
これからは是非出禁&出先の電話は留守電対応で!

トメの前では携帯の電源も切っておくか、
「メルマガです」でスルーでw


221: 修羅場家の日常 2009/10/11(日) 18:31:41 0

同居トメの過干渉かと思ったら、別居かよ…
旦那みたいに、電話攻撃もスルーで突っぱねたらよかったのに。
いい嫁止めたなら、これからガンガン頑張れw
うちのトメは私の携帯番号知らないから平和だw


229: 修羅場家の日常 2009/10/11(日) 19:22:47 0

たしかにウザトメだが、
ただ単に子離れ(実際には血縁はないけど)
できないだけなトメだね。


230: 修羅場家の日常 2009/10/11(日) 19:26:11 0

おトメさんは心配性


引用元: 【宣戦】義実家にしたスカッとするDQ返し154【布告】