5

687: 修羅場家の日常 2009/09/18(金) 09:44:02 ID:+Cbcjdor0

先祖が地主だったせいか、田舎の実家には蔵がある。
古い物をいろいろ放り込んでいるので、夏休みに遊びに言ったりしてた時は
「危ないから蔵の中には入るなよ?」と爺さん達から口うるさく言われてきた。





その爺さんがシんで、遺品整理という事で蔵を掃除する事になった。
俺も掃除を手伝うために初めて中に入ったが、確かに子供が遊ぶには
危険なところだった。なにせ、いろんな物を無造作に積み上げているので
ちょっとした衝撃で崩れ落ちてきそうだったからだ。
そんなわけで慎重に荷物を外へ運び出しつつ、掃除を開始。
そんな折、俺は小さな箱を見つけた。筆で「開封厳禁」と書いてある。
黄ばんではいるが、ちゃんと紙で封印されている。
箱の浦には爺さんの名前が書いてあった。…という事は遺品だ。
何が入っているんだろうと思い、紙を破って開けてみた。

干からびた親指と中指が綿の上に並んで入ってた。

俺はしばらく絶句した後、あわてて箱を閉めて他の荷物の中に紛れ込ませた。
誰にも言わず、その荷物と共に蔵の奥の方へと仕舞い込んで、遺品整理は終了した。
10年前の話。婆さんもシんで、今は伯父夫婦が実家に移り住んでるが
蔵はまだある。


688: 修羅場家の日常 2009/09/18(金) 10:14:12 ID:dP8KAnb40

>>687
その亡くなったおじいさんには、ちゃんと親指と中指があったの?
もしあったなら他人のだよね。
もう真相もわからないってことか…こえぇ。


689: 修羅場家の日常 2009/09/18(金) 10:18:55 ID:+Cbcjdor0

爺さんの指は、両手ともそろってました。
もちろん婆さんも。
俺の親も、伯父夫婦も指に欠損はないです。




691: 修羅場家の日常 2009/09/18(金) 12:28:32 ID:kaqIaFgaO

亡くなった身内の形見として持ってた…わけないか


692: 修羅場家の日常 2009/09/18(金) 14:51:11 ID:M0CvC7hu0

親指はともかく、中指と特定した根拠は?


693: 修羅場家の日常 2009/09/18(金) 15:35:41 ID:K3l371dfO

>>692
確かに特定できる情報がないな。紙でも入ってたか。
つ親指 つ中指 って


694: 修羅場家の日常 2009/09/18(金) 16:11:04 ID:oqjfgKTMO

サイズと形だろうな。

人差し指、薬指は大抵の人がアシンメトリー気味。
中指はそれらに比べてシンメトリーに限りなく近い。

恐らく直感で『中指と思った』ってだけで、『中指と断定してる』わけじゃないはず。


695: 修羅場家の日常 2009/09/18(金) 17:56:00 ID:+Cbcjdor0

言われてみて初めて気が付いたけど、あれを「中指だ」と思ったのは、
親指の方ではない指が長かったからだ・・・と思う。
「本当に中指だったのか?」と言われると、違うかもしれないが(なにせ1回しか見てないし)
直感的に「中指だ」と思ったんだ。

開封厳禁とある箱を開けちゃったし、菜かに入ってるのは指だし、
もう一度確認しようッ的も起きない。田舎遠いし。地味に金がかかるし。
どんな理由があるにせよ、爺さんが「誰かの指」を保管してたってだけでも
不気味なのに、わざわざ知ろうとも思わない。
開けなきゃよかった・・・


697: 修羅場家の日常 2009/09/18(金) 18:57:53 ID:K3l371dfO

>>695
まさに開封厳禁だったわけだ。


696: 修羅場家の日常 2009/09/18(金) 18:57:13 ID:3QS+NcaZ0

おじいさん「うひゃひゃ…やっと開けよった♪」


引用元: 墓場まで持っていくつもりだった話 10墓目