1

19: 修羅場家の日常 2009/06/13(土) 21:56:50 O

別に農家でもなんでもないのに、
私の娘(7)よりまだ見ぬ長男の方が大事らしいトメ。

娘が生まれた時も会いに来ることすらせず、
トメが冷たいのは棚にあげて
「なつかないかわいくない」と言っては長女を避けていた。

そんな態度を夫やウトに注意されても、
愛情はコントロールできないとまで言い切ったトメ。

幸いその後遠距離別居になったので、
トメからの凸に怯えることはそれほどなく、
どうしても義実家に行かねばならない時は、
娘を実家に預けたり、徹底的に長女に旦那をつけさせたりしていた。




娘もウトとは仲良くするものの、
トメの様子にはちょっと気付くものがあったらしく、
当然というか娘は実家が大好きで、
私の母と一緒に簡単なご飯を作ったりもしていた。

私の母は娘の私から見てもとても穏やかな人で、
私の娘が手伝ったサラダや餃子やカレーを、いつも
「美味しいね、孫ちゃんは上手だね、
おばあちゃん嬉しいよ」と言って
にこにこしながら食べていたそう。

と、ここまでが前置きなんですが…


22: 修羅場家の日常 2009/06/13(土) 22:01:14 O

私の両親の方が好きとは言っても、
やはり娘にとってはトメもおばあちゃんであることにはかわりはないので、
トメにも喜んでもらいたい気持ちがあったらしく、
母の日のプレゼントとしてトメにシチューを作りたいと言って来た。
シチューは娘の大好きなもの。

正直これ以上娘がつらい思いをしないか不安だったし、
義実家の台所を使うこともトメはいい顔はしないだろうとも思ったが、
いくらトメでも孫の手作りシチューなら喜んでくれるかもと思って、
家で作ってから義実家に持っていくことにした。

母の日にシチューを作って義実家に持って行くと、
ウトはデレデレする程喜んでくれ、
娘についでもらってすぐに食べてくれて、
さらにおかわりまでしてくれた。

が、トメは「今忙しいから後で」と言って食べてくれない。
私がしますから食べてくださいと言っても、
食べる食べると生返事だけ。

ウトがトメを「せっかく作ってくれたのに」とこっそり〆るも
「シチューなんて誰でも作れる」と言って最後まで食べなかった。

娘が寂しそうにしていて私も泣けてきたが、
ここでトメvsウト・私でのケンカもよくないと思い、
ウトと二人で娘とずっと喋ってた。


24: 修羅場家の日常 2009/06/13(土) 22:03:16 O

ウトが
「美味しいからおじいちゃんが独り占めしようかな~」とおどけて言い、
娘が「だめだよ~」と言いながら笑う姿が痛々しかった。

その後実家にも残りのシチューを持って行き、
私の両親が「美味しいね、孫ちゃんいつもありがとうね、
孫ちゃんの気持ちがとっても嬉しいよ」と食べていると、
娘が泣き出した。

事の顛末は話してあったので、両親も少し泣きそうになってたが、
娘にずっと「孫ちゃんは優しくていい子だよ、
おじいちゃんもおばあちゃんも大好きよ」と言ってくれていた。

これをきっかけに、
夫もトメに愛想が尽き私と娘のトメとの絶縁が決まった。
トメは絶縁について特になにも騒がなかった。
ウトはよく娘に会いに来てくれたが。

その後、ゆっくりと過ごしていたがウトメの金婚式の日がやってきた。
ウトメの家族が集まると言うことで、
夫は呼ばれ私は呼ばれなかったが着いていって無理矢理参加した。

金婚式のお祝いということでトメがはりきって作った料理を並べたが、
私は一切手をつけず夫とウトは少し食べて後は手をつけなかった。

私は元々そのつもりで参加したが、
手をつけない私を見て夫とウトは便乗したそうです。




27: 修羅場家の日常 2009/06/13(土) 22:06:48 O

張り切って作ったごちそうを、
無理矢理参加してきた嫁のせいでほとんど食べてもらえず、
トメはすごく怒ってきた。

「料理を作る人の気持ちをわかってない、
お祝いの日が台無しだ、
そもそも嫁は呼んでない、
嫌がらせならすぐに帰れ、
夫の母を敬うこともしない嫁は嫁失格だ、
大方これだけのごちそうも作れないんだろう、
教える気などもうなくなった、
謝っても許さない」
と、上記のようなことを変に抑揚をつけて言って来たので、

「お義母さんは孫の作ったシチューに手をつけませんでしたよね?
お義母さんのしたのは今私がしたことと同じことです」と言ってすぐに帰りました。

帰り道、トメのあまりの言動に
夫が車の中で少しばかり泣いていました。

ウトのお祝いでもあるはずなのに、
ただやられたことをやり返して大人気なかったと思いますが…
後悔はあまりしていません。ウトからも謝られました。

夫はその日を境に完全にトメと絶縁。
ウトもトメの元から離れ、
離婚はしていませんが私達の家に引っ越して来ました。

娘は今、ウトや私の両親と一緒に水彩画にはまっています。
これからはもっと娘がのびのびと穏やかに過ごせるよう頑張っていきます。

長文駄文失礼しました。


28: 修羅場家の日常 2009/06/13(土) 22:08:15 0

>>27

よくがんばった。


29: 修羅場家の日常 2009/06/13(土) 22:10:05 0

>>19乙。
シチュー美味しかったんだろうなー。
トメ自業自得。ウトさん何で離婚しないの?


31: 修羅場家の日常 2009/06/13(土) 22:13:28 0

>>27

ウトが引っ越してもトメは何も言わなかったの?


32: 修羅場家の日常 2009/06/13(土) 22:20:15 0

居もしない男孫に固執して、目の前の孫に見向きもしないトメっておかしいね。
何でそんなに女孫が許せないんだろ?家の中に女は私一人でいいっていうスイーツw脳?
そんなに男の子がいいかな?女の子可愛いじゃなのね?
娘さん優しいイイ子だね。>>27さんや娘さんがこのまま穏やかに過ごせますように。


45: 修羅場家の日常 2009/06/13(土) 23:42:18 0

あなたがわざと食べなかった料理はどうなったの?
捨てられたの?


51: 修羅場家の日常 2009/06/14(日) 00:00:33 O

いつの間にかたくさんのレス、ありがとうございます。
書き足りなかった部分を書きます。

ウトメの別居ですが、
ウトは離婚したいがトメは離婚したくないそうで、
今すぐの離婚をしないかわりに
ウトが私達のところへ別居、という流れでなりました。

ウトメの家族ですが、やっぱりというか
トメはウトメ家の長男だけを可愛がっていたらしいです。
末っ子の夫のことも適当で、
コトメさん達もお父さんっ子だったみたいです。

そんな環境だったので、
コトメさん達もお祝いについて考えてなかったらしく、
私が料理に手をつけなくても
「なんかあったんだろうな」と
普通な様子で見てきました。

トメに私が言い返した後も誰もトメをかばいませんでした。
後から言われたのかもしれないですが…

残った料理は、翌日に持ち越されたそうです。
一切手をつけなかったので。


59: 修羅場家の日常 2009/06/14(日) 01:37:48 0

>>27
そのまま離婚しないと、ウトが亡くなったときに、
遺産相続でまたひと騒ぎありそう。


61: 修羅場家の日常 2009/06/14(日) 02:59:05 0

>>27娘 良い子に育ってるね~。
>>27そんなばあちゃんいらないよ。


30: 修羅場家の日常 2009/06/13(土) 22:11:00 0

>>27
お疲れ様です!GJ!!


132: 修羅場家の日常 2009/06/14(日) 12:49:07 O

>>27さん乙です。
トメ因果応報。早く離婚離婚。


引用元: 【宣戦】義実家にしたスカッとするDQ返し139【布告】