8

56: 修羅場家の日常 19/06/01(土)23:31:04 ID:RhM.i1.up

17年飼っていた犬が病シした。

今まで病気らしい病気もしなかったので、
このまま歳をとって、
寿命を迎えるんだと思っていた。

私が小学生の頃、道端をトボトボ歩いていたのを、
会社の帰りに父が拾ってきた雑種犬だった。

柴犬ベースで三毛猫ならぬ三毛犬で、
ビビりで大人しくて優しい犬だった。




三年前に、これまた道端でうずくまっていた子猫を
家族として迎え入れた時も、
怖がった子猫に猫パンチされても怒らなかった。

最後の時を迎え、鼻水たらして嗚咽する私。
犬の名前を何度も呼ぶけど、二度と動いてくれなった。

そんな私を遠巻きに見ていた猫は、
しばらくずっとニャーニャー鳴いてたけれど、
近づいてきて私に頭突き。

「ちょ…お前、空気読めよ」と思っていたら、
そのあと犬を見つめながらニャーンと一声鳴いて、
その場に座り込んだ。

猫は普段とても無口なんだけど、
あんなに鳴いてるのを聞いたのは初めてだった。

犬へのお別れだったのか、
私へ元気づけてるつもりだったのかはわからないけど
猫は猫なりに気を使ってくれのかもしれない。

普段は、犬とそこまで仲良くなかったくせに…。

なんだよ、お前も別れを惜しんでるのか。
ありがとう。

犬のお気に入りだった場所に、
今日も猫がだらりと寝ている。

猫もいつまでいてくれるかわからないけれど、
犬の分も大事にしてやろうと思う。


57: 修羅場家の日常 19/06/01(土)23:33:26 ID:Qpk.og.9j

>>56
猫の頭突きは「あなたが大好き」の仕草


58: 修羅場家の日常 19/06/02(日)00:03:37 ID:3wa.7l.22

>>56
あ、それ絶対あなたに寄り添ってるよ。
猫って人間に語り掛ける時に鳴くよね。
猫同士だとボディタッチ会話で済むらしい。
優しい子だね。


引用元: 何を書いても構いませんので@生活板76