1

503: 修羅場家の日常 19/03/08(金)00:55:20 ID:kZ7

アメリカには恋愛の際に
「好きです!付き合ってほしい」と
告白する文化がないと知った
(I love you.は基本的には恋人になってから言う)

アニオタで日本在住のアメリカ人のエッセイマンガを読んで知ったけど
アメリカ人はカップルとは自然とそうなっていくもの
という考え方ではっきりと
「付き合って下さい!」と恋人関係の開始を
告げるようなことはないという

そのアメリカ人は日本の恋愛ゲームを遊んでみて
「日本人って恋人になる時にはっきりと宣言するの!?
恋愛を契約か何かだと思ってるの!?」とびっくりしたそうな




相手が鈍感な場合はあえて言うこともあるけど、
はっきりとではなく
何となく暗に示すような言い方をするのが基本で
「今度一緒に朝食を食べない?」とか
「君のご両親の話を聞かせてよ」みたいな感じで、
はっきりと「恋人になってくれ」というのは下品に思うらしい

そしてそのせいで好きになった日本人に
「君のご両親の話を聞かせてよ」と
勇気を出して言ってみたところ

普通に両親の話をされて
「あ、これは遠回しに断られたのか」と
がっかりしたこともあったとか
(その後誤解が解けて付き合えたそうだけど)

むしろアメリカ人のほうが契約社会だし
何事もはっきり言うもんだと思ってたから驚いた




504: 修羅場家の日常 19/03/08(金)07:08:58 ID:wkN

>>503
一緒にいて楽しいから一緒に出掛けたり家に招いたり招かれたり
そういうのを頻繁に繰り返してる状態が恋人と見なされるとか?
ある意味そういうお誘い自体が軽い告白なんじゃないの?
んで誘う頻度や内容で本命と単なる友達との区別がなんとなくついてくるとか。


505: 修羅場家の日常 19/03/08(金)09:43:29 ID:d1e

>>503
目が滑ってアフリカ人で読んでた。

頭の中でアフリカ人が2人寄り添って
草原を眺めていたぜ。

アメリカ人てそうなん?
いやいや。君が好きなんだ、とか
スティーブンキングのイットとかで
やってた気がするんだけど

そうなんだー
勉強になったわ。

私は日本人の告白にまつわるエピソードとか好きだなぁ


506: 修羅場家の日常 19/03/08(金)10:05:15 ID:CAS

>>503
アメリカでは異性をデートに複数回誘うことが
告白に相当する行為だとか本で読んだな

気になる人がいたらとりあえずデートに誘ってみる
(この時点では多数の異性とデートしても
不誠実とはみなされない)

デートした相手の中から
気にいった相手を一人選んで
さらにデートを申し込み、
それが続くとデートを受けた相手も
「この人は私に本気になったみたいだな」と察して
OKなら恋人っぽく振る舞う

誘った側もその相手の態度の変化を察して
自分たちは正式なカップルになったとみなして以降は
他の異性に声をかけるのはやめる

でも映画とか見ると告白っぽいことしてたりもするよね

映画だからなのか、
あるいはアメリカは広いし
多民族国家だから
民族や地域によって違うのか


引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その24