3

702: 修羅場家の日常 2016/04/25(月)17:57:55 ID:LX3

大学生の時付き合った彼。

すごく爽やかな人で、友人時代も長かったし、
「この縁が長く続くといいなぁ」なんて思ってた。
でも、付き合い始めてすぐに「アレ?」と思うようなことが続いた。

ある日彼と喫茶店で
映画談義(お互い映画鑑賞が趣味)に花を咲かせていた時。
楽しくお喋りしていたら、
彼の後ろ側にある席に座っている女性がチラチラ私の方を見てくる。
不思議に思っていると、
テーブルに置いた私の手にポタっと赤い雫が。

ビックリして手鏡をみたら、鼻血。
しかも鏡をのぞき込んだ拍子にタラタラと流れ落ちてきた。
結構な量だから何滴もテーブルに落ち、
思わず鼻を抑えてしまって手も真っ赤。

驚いて「は、鼻血でた!」と彼に話しかけたら、
「うん、さっきからね。それでさ~」
ええ?気づいてたならいってよ!と思いつつも、
普段鼻血なんて出ない私はプチパニックになり、
とりあえずテーブルにあった紙ナプキンで鼻を抑え、
テーブルの上の血を拭いた。

でもナプキンじゃうまく拭ききれなくて
(ティッシュも持っていたけどバッグの中だったので、
取り出せない!と思ってしまった。
今思うと彼にお願いすればよかったんだけどね。)、

ゴシゴシやると余計広がり…と1人でバタバタしてる間中、
彼はそれまでと変わらぬテンションでずっと話しかけてくる。




「そ、そっか」とカラ返事を繰り返しながらも
なんとかテーブルの上の綺麗にし、
次はお手洗いで顔をなんとかしよう!と席を立った瞬間、
彼が
「あ、それで今度の新作は予定通り×日に見るってことでいいのかな?」
それに対してまだテンパり中の私が
「ごめん!今それどころじゃなくて!」と返事をしたら、
彼は一瞬ムッとした顔をして 「ふーん…」
お手洗いで顔も綺麗にして戻ってきたんだけど、
お帰りもなしにまた話し出す彼。
私もなんとなく勢いに飲まれて話に戻り、その日はお開き。

この時点で若干モヤっとしたものの、
「私が大騒ぎし過ぎなのかなぁ」と飲み込んだ。
友人だった頃は逆に私がちょっと怪我したくらいでも
申し訳なるくらい心配してくれる人だったから。
でも恋人同士になったんだから、
彼もある意味気を使わなくなったのかな?とその時は思った。

でもそれからしばらくして、
今度は風邪をひいて高熱を出してしまった。
その日は午後から彼と会う約束をしていたので、
熱でボーッとなりながらも彼に
今の状態とキャンセルの旨のメールをいれ、
這うように病院へ行きってから薬をのんで寝ていた。
すると丁度約束していた時間頃に彼から着信。

出ると、開口一番「ねえ!○店て××の三階だよね!」
○店は当日行くはずだった店で、大きいSCに入ってる。
「そうだけど…」と返すと、
「1人で行こうと思ったけど、うろ覚えだったからさぁw
そうそう、この前サークルで必要なもんができて、
今日それも買おうと思ってて~」と1人でペラペラ。

わざわざ掛けてきたのだから何かあるのかなと
しばらく聞いてたけど、一向に雑談するのみなので、
「ごめん、熱で気分が悪いから切っていいかな…」と言ったら
一瞬黙った後、あからさまに不機嫌な声で「あーそうだね!じゃ!」
そしてやはり最後までこちらの体調を伺う言葉は一言もなかった。

熱が下がった時、「いやこれおかしいだろ」と冷静に思った。
こちらを気遣わないのはまだともかく、
付き合う前と後とのギャップがありすぎて。
私も悪いんだけど、彼にはすぐに突っ込めなかったかった。
なんていうかこちらを気にせず話す彼が
本当にテンション高かったから、言ったら結構な問題になりそうで。


703: 修羅場家の日常 2016/04/25(月)17:58:01 ID:LX3

私が神経質すぎるのか?
いやでも…とグズグズ考えること数ヶ月。
その間は特に私が体調不良になることもなく、
普通に毎回楽しいデートだったので
感じた違和感も忘れかけてたんだけど、

ある日彼と人通りの多い道を歩いていたら、
丁度すれ違おうとしていたカップルの女の子が
石畳にヒールを引っ掛けてしまい、
横にいた私に思いっきり体当たりする形でぶつかった。

私の方はなんとか踏ん張ったので転ぶまでいかず、
女の子も不慮の事故なのに申し訳ないくらい謝ってくれ、
更に男の子まで「僕が咄嗟に支えられなくて…」と詫びてくれた。

その間彼はと言うと、
私がこういう状況に巻き込まれたことは絶対に気づいていたのに、
全く足を緩めることなくスタスタ歩き、
すぐ先にあった店のウインドウを眺めていた。

追いついた私が声をかけると
「ねぇみてこれ!俺が探していたのこういうのだよ!」
この時に今まであった事がブワッと思い返されて、
あくまで軽い感じで彼に
「ちょっとぐらい心配してよ~」と言ってみた。

すると彼が「^_^;」←まさにこんな顔で苦笑いし、
ヤレヤレ…と言わんばかりに軽く首を降りながら歩いていった。
この時、自分でもびっくりするくらい彼に冷めた。

例え大したことなさそうでも
一言も触れずにスルーできる神経とか、
なにより付き合ってからいきなりそうなったことが
「この人ダメかも」としか思えず、後日別れ話。



多少揉めたがなんとか別れ、
その後彼はすぐ後輩と付き合い始め、卒業後結婚した。
すぐに子供が出来たと聞いていた。

先日同窓会で顔を合わせたんだけど、
彼、入籍から2年たたず離婚してた。
出産と同時に嫁が実家に帰り、
それ以来顔を合わせていないらしい。
子供も写真で見ただけだとか。

離婚した理由は浮気とかじゃなく嫁のワガママと言ってたけど、
「妊娠してから嫁が毎日発狂してさぁ。訳分かんなかったよ。」と
あっけらかんと話す彼を見ていて、
原因は彼の方なんじゃないのかと思ったよ


704: 修羅場家の日常 2016/04/25(月)18:31:00 ID:VBE

>>702-703
ないわ~・・・
赤の他人でも目の前で鼻血出したらびっくりして心配する
気づいてるけど無視ってサイコかなんかじゃないのと思う
結婚までいかずによかったね


705: 修羅場家の日常 2016/04/25(月)18:49:11 ID:hRb

>>704
同感
サイコパスっぽいよね


707: 修羅場家の日常 2016/04/25(月)23:48:20 ID:LX3

>>704>>705
なんだか今更ですが、
私の感じた違和感に同意して貰ってホッとしました。
別れる時はあまり彼の非を話すのも…
と思って周りには「価値観のズレ」と濁していたので。

その代わり別れ話の最中のゴタゴタを見た友人達には
「別れて正解だと思う」と言われました。


706: 修羅場家の日常 2016/04/25(月)21:53:17 ID:ZY5

付き合う前は心配してくれたんだよね?
本気で心配してたのか演技だったのか気になる


707: 修羅場家の日常 2016/04/25(月)23:48:20 ID:LX3

>>706
心の底ではどう思っていたのかは分かりませんが、
思いやりのある人に見えました。

付き合う寸前の時、
靴ズレ(と言っても血がにじむ程度)を起こした私を
「そこにいて!」ベンチに座らせ、
走って絆創膏とジュースを買ってきてくれた事もありましたし。

体調不良で休んだら「大丈夫?無理しないで」とメールも貰いました。
何故それがああなったのか不思議でしょうがないです。


708: 修羅場家の日常 2016/04/26(火)02:30:25 ID:5bA

>>707
ゴタゴタ気になる


709: 修羅場家の日常 2016/04/26(火)04:42:45 ID:t21

>>708
多分ありがちだしスレ違いなので簡潔に書いてみました。

・「合わないと思うから別れたい」と彼に伝えるも、
「なんでそんなこというの!?
俺がどんなに傷つくか分からないの!?」と全く話にならない。

・「正直ああいう態度に不信感がある」と伝えても
「勘違いだよ!俺がどんなに~」

・とにかく認めないから!の一点張りで、
次の日から大量の「好きだよ」「かわいいよ」メールが
毎日届く&着信多数(出なかった)

・↑に加え、大学の門や教室の入口で待ち伏せ

・ニコニコと「お疲れ~どこ行く?」と寄ってくる(約束してない)

・「続ける気は無いから近寄らないで」と伝えても全く変わらない。
いつもニコニコ。

・無視したり「行かないよ」と言うと「じゃあまたね!」と爽やかに去る。

・私の家(大学から徒歩10分)の前で朝から待ち伏せ。
無視して歩くも「今日終わったら〇〇行こっか?××でもいいよ?」と
ひたすらニコニコついてくる。

・最初は彼の態度に「単なる痴話喧嘩?」という雰囲気だった周りも、
2週間程繰り返される彼の粘着に「何か変だな」という空気に。

・最終的に教室の出口で待っていた彼に、
私が「もうやめてよ!!」と怒鳴って泣く。

・周りが彼を「嫌がってるんだからやめてやれよ…」と止め、
彼無言で立ち去る。ぷっつりメールも止む。

この後すぐに後輩の子が彼に猛アタックして付き合い始めたので、
その後は平和でした。
彼も憑き物が落ちたように普通に戻ったように見えました。

ただ、正直に言うとその後輩はあまり評判の良くない子
(自分を名前呼びの察して・構ってちゃん)だったので、
彼と後輩のカップル誕生が分かった時は皆ぎこちなく祝福してましたね。

それでも卒業までかなりのラブラブっぷりだったので、
収まるところに収まったのかなぁなんて思っていたのですが…。

後輩がギブアップしたのか別の問題があったのか、よくわかりません。
もう私には関係の無いことですけど…。



引用元:   百年の恋も冷めた瞬間 Open 4年目