1

295: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 13:13:26.98 0

お金関係の身内修羅場

実家の父はサラリーマン、
母は働いたことのない専業主婦。
二人とも50才。

そんな両親の結婚記念日に
両親から話があると当時22才だった私と
双子の兄に急に切り出した。




内容は
・両親が二人で貯めたお金がちょうど1億になった。
・家のローンがあるといっていたが、実は5年前に完済してる。
・父は会社を辞めて、母と犬とでキャンピングカーで全国を回る
(キャンピングカーは購入済み)
・尚、1億は両親が今から使っていくけど残ったら、
 子ども(私達)に渡そうと思ってるけど残らない確率高い。
・子どもの結婚資金や家購入の援助は一切しない
・両親の介護問題は両親で方をつけるので、子どもはノータッチでいい
・両親の家は残せるので売却するなりして子ども同士でわけなさい。

と言うことが言い渡された。
急な発言にびっくりする私と兄。

小さい頃から、特に貧しい思いもしなかったけど、
贅沢もしなかったのでごく普通だと思っていたのでびっくりした。

でも、兄と二人で
今まで育ててくれてありがとうだねと言って
両親を応援するといった。

両親は次の結婚記念日がくるまでに会社をやめ、
キャンピングカーで北海道に向かった


296: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 13:16:13.27 0

両親の旅立ちから半年後。

私は実家に兄と二人で住み続けていた。

ある日、仕事から帰宅すると
門扉のとこれに大きな鞄をもった老年女性がいた。
恐る恐る近づくとそれは母の兄の妻(伯母)だった。

久しぶりに伯母に会い、しかも突然だったので
「どうしたんですか?」と言うと、
急に「裏切りもの」と怒鳴られた。

あまりのことに呆然としていると、
伯母は私が手に持っていた鍵を奪い勝手に家に入っていった。

何がなんだか分からないけど、
大変なことになっていると思い兄に電話。
でも、出ない。

とりあえず伯母をなんとかしないと、と思い
私も家の中へ。

伯母は勝手に冷蔵庫あさりながら、
「あんたの母親には騙された。今日から私はこの家に住む」
と言い続ける。

話の内容をきくと、
・母は数年前に10~30万を3回程伯母に融通
・1年前に依頼したところ、「うちにはお金がない」と断られた
・義母(私の祖母)から、預金のことと長期の北海道旅行にいってるときいた。
そんな金があるのになぜ今まで貸さなかった!?
・母が帰るまで私はここに住む

と支離滅裂な内容を。
そこで何か私の中できれた。

自営業の伯母はバブルの頃、よく母に腕時計をみせて、
「貴方には買えないよ。サラリーマン妻なんて阿呆らしい」といったり
とにかく馬鹿にしてた。

それを急に思い出した。
それも含め過去に「畜生腹の子」など
伯母に受けた嫌な思い出を思い出したら勝手に身体がうごいた。

ソファの横に置いてた伯母のカバンを奪い
玄関から道路に放り出した。

慌てて鞄を拾いにいく伯母。
その隙に玄関扉を施錠し、伯父に電話。

伯父には5分以内にうちの家の前にいる伯母を退却させなかったら、
警察に電話すること、あと伯母は病院つれていけと通告。

伯父も一瞬戸惑ってたが、
伯母の携帯に伯父から連絡があったようで
伯母は立ち去った。

以上が約5年前の過去の修羅場です。




297: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 13:33:57.51 0

>>295
おつかれさまでした
冷静に対処できてすごいなあ
その後無事にすごせているのでしょうか?
しかし祖母には預金のことしゃべらないで欲しかったね


298: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 13:36:39.05 0

>>297
しゃべってないだろ
ただ単に、いない理由が旅行ってだけで
「旅行に行ける金があるなら」って流れだ
よく読んでからレスしようぜ


299: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 13:36:48.90 0

多分それだけあるなら
多少は融通してあげてもいいのにって気持ちが
祖母の中にあるんだよ


300: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 13:37:41.93 0

>>298
・義母(私の祖母)から、
預金のことと長期の北海道旅行にいってるときいた。


301: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 13:39:43.96 0

その後の凸が無かったのか気になるな


302: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 13:45:59.42 0

>>298
よく読んでからレスしようぜ


303: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 14:09:53.81 0

>>299
母の兄の妻だから祖母にとってはあくまで子供の嫁だし、
そこまでの感情はないだろ。

まあ大正から昭和初期生まれ位の年代だと、
大家族が当たり前で、預金も家の為であって
個人の為と言う感覚が少ないので、
何となくポロっと出てしまったんだろうな、ばあさん。


304: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 14:21:38.58 0

ぼけてるんじゃない?




305: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 14:25:13.83 0

家族で焼きそば食べてました。

祖母は自営で苦しくなっても
派手な生活を続ける伯父夫婦をたしなめる意味で
言ってしまったようです。
(あとから謝られました)

その後ですが
私も兄も結婚しもう実家を出てます。

実家が空き家になっていてるのを見て、
従兄(問題の伯母の息子)が賃料(月一万)払うから
住ませろといってきましたが、
「借金返さない人の息子に大切な家はかせません」
という趣旨をいうと引き下がりました。

なんとなく気持ち悪くて、
家の鍵は取り替えて空き家だけどセコムに入りました。

正直、鍵代と月々のセコム代を請求したいぐらいです。


306: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 14:54:51.14 0

>>305
勿体ないし、
不動産経由面接付きで賃貸したら良いんじゃないかな。


307: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 15:02:35.11 0

>>305
実家残しておきたいのかな?
トラブル避けたい、
親御さんも戻ってこないのなら更地にするか、
売却もありだと思う


308: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 15:10:46.17 0

共同名義の空き家はトラブルの種な気がする
兄姉が若い内は問題は起きないだろうけどね


309: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 16:31:49.02 0

更地にするのは勇気が居るよ、
思い出があるしなにより誰も住んでなくても実家だもんね。


310: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 17:26:46.80 0

>>308
それはあるかも

義理親がシんだあと買いたいって人が来たとき、
半分名義持ってる義妹の旦那が
そんな値段じゃ売りたくないってごねて揉めたよ。
メンヘル気味のモラハラ男だし、もう勝手にしろって放置した。
田舎の住宅地で高く売れるわけない。
放置してから荒れてるし、なにかあってからでは遅いのに。
こんなこともあるよ。




311: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 17:52:53.55 0

個人的には50歳から1億で老後やっていくのは勇気いるな。
無理だとは言わないけど年金いれても結構厳しいと思う。


312: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 18:15:45.87 0

そうだな

年金がまあまあある世代たとしても、
せめて不動産は欲しいところ

マンションなり戸建なり定住可能なものがあれば、
最低の保証かなと思う


313: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 18:51:17.60 0

いろいろご心配かけてすいません。

実家の権利があることは、
兄と私の配偶者は知りません。
両方の配偶者とも両親のものだと思っています。

少し後ろめたいですが、
やはり何かしらのトラブルがあるかもしれないと思って、黙ってます。
兄も私は両親がシぬまで実家を処分する気はありません。

収入面は60才から70才までは厚生年金の他に個人年金も入り、
二人で月に30万強になるようです。
不動産は伊豆にボロいマンションがあるので、
そこがいざとなれば使えそうです。

まだ築20年程で夫もかなり気に入っている家なんで、
いつか兄から適正価格で買い取りたいなと思ってます。


314: 修羅場家の日常 2011/08/13(土) 19:13:22.75 0

>>311
50までに住宅ローンを完済して
なおかつ1億の貯えをするぐらいだから
かなりの年収だったんだろ

それだけの年収を貰ってたという事は
年金もけっこうな額になるぞ

贅沢をしなければ十分やっていけるんじゃないかな


320: 修羅場家の日常 2011/08/14(日) 00:53:14.02 0

>>313
家ってのは人が住まないとあっという間に痛むから
自分達が住まないなら誰かに貸した方がいい


引用元: 今までにあった最大の修羅場 £17