9

391: 修羅場家の日常 2018/09/18(火)22:04:08 ID:BnF

あまりにもウザすぎた同僚のこと。
俺は震災で失職し、派遣で期間限定の仕事に就いた。そこにいたEがウザかった。
Eも社員ではなくアルバイトの身分。定期的にではなく不定期で来ていた。




互いに失職から人生の敗者復活戦に挑む立場でもあり親しくしていたのだが、
雲行きが変わったのが俺の派遣期間が切れる頃。
俺は派遣会社から次の行き先を紹介してもらうこととなり、いい時給で契約。
11月末日付で雇用が終わり12月から新しい勤務先へ、という話をしていたが、
先方の都合から部署の変更のため改めて面接に。本来は派遣しない業務だが俺は経験あり。
派遣会社では特例ということで俺の派遣を決定することとなるのだが、
いろいろと手続きが必要となったため新しい勤務地は二週間遅れて12月半ばからとなった。

するとE「そんなに間が空くっておかしいんじゃない?」と言い始めた。
上のような事情だと説明してもあーでもないこーでもないとグチグチ。
面倒だから派遣期間が終わるまでと我慢してそいつと表面上は仲良くし、めでたく新しい勤務先へ。
するとその12月16日、勤務時間には業務の邪魔になるからとケータイの電源を落としていたのだが、
仕事のあとで電源を入れるとEからの着信が3回も。勤務時間中だ。
その夜にEからかかってきたが、「なんで出なかった?」みたいな言い方。

数日後、もとの派遣先の社員の人と偶然会ったのだが、「新しい仕事、もうやめたんだって?」と。
なんだそれはと思ったが、その夜もEから電話。
「お前の勤務先に行ってみたけど車置いてなかったな。やめたのか」
俺は業務が変更となった都合上、もともと行く予定だった営業所ではなく本社に出勤、
しかも駐車場は会社から近い立体を借りているため営業所にも本社にも俺の車があるはずがないが、
ただそれだけのことで俺が仕事を辞めたと決めつけて元の派遣先で話題にしていたらしい。
さすがにキレはじめていたが、また数日後に用もないのに電話してきてエ◯話。
用がないなら電話かけてくるなと言い渡した。しかし数日後にまた勤務時間に着信。
速攻で切って二度とかかわらないことに決めた。

年が明けて正月には彼女とゆっくり過ごす時間をつくりたいのでケータイ切っていたが、
電源を入れてみるとEから鬼の着信が。それが正月休みの間ずっと続いた。
着信拒否にしたらひっきりなしにかけてくるE。ケータイがずっとぴかぴか光ってる状態。
それで拒否設定を解除、着信音をオフにすることでようやくそいつも諦めたようだった。
それでも数日おきに着信は入っていた。もちろん出ないし折り返しもしない。

二年が過ぎて、俺はその会社で社員として採用される。
元の派遣先の社員とまたまた偶然会った時、「(俺)くん、亡くなったって聞いてんだけど?」と。
Eがそういうデマを流したことはすぐにわかったが、
この会社で社員になって今は生き生きと働いてる、もとの派遣先の皆さんによろしくと伝えた。
その日の夜、Eから着信があったが当然着信音オフだから気づかないし折り返さない。
それを最後にEからの着信は一切なくなった。

Eはもとの派遣先の所長から、そういうデマを流すような奴は雇えないと通告され、
めでたくクビになったことは元の派遣先の人から後で知らされた。


392: 修羅場家の日常 2018/09/19(水)00:26:39 ID:1yY

>>391
怖すぎる
Eはホ◯だったんだろうか?


引用元: その神経がわからん!その45