2

88: 修羅場家の日常 2018/08/17(金)19:25:52 ID:IFI

私は大学時代に女性専用の賃貸物件に住んでいた。

特定は避けたいので詳細は避けるけど、
駅から徒歩圏内、
家賃も安く初期費用もほぼかからず、
清潔で住みやすい物件だった。




ただ条件があって、先ずは女性である事。

専門でも大学でも学生である事(稀に10代の社会人もいた)。
そして借りられるのは最長2年間まで。

『進学(や就職)で地方から出てくる女性を助けたい』
という経営理念だから。

娘さんを都心に送り出す親御さんも安心、
学生本人も慣れない新生活でも
安心という場所にしたいということだった。

多くの入居者が2年間住み、
その間にバイト代を貯金して巣立って行く。


89: 修羅場家の日常 2018/08/17(金)19:27:42 ID:IFI

だからこの物件は女学生専用(上記の様な例外あり)という入居条件は
募集広告にも書いてあるし、不動産屋もそう案内している。
しかし年に数人は男性が申し込みにやってくる。

不動産屋が止めてくれるが、
そもそも『女学生専用』なので、
不動産屋が勧めることはないし、
殆どの男性は広告を見て家賃額に目が行っても
残念だな~で終わり。



でも中には強者がいる。
「金ないんすよ、人助けだと思って」
「俺無害なんで大丈夫です」
「男性差別だ、日本は男女平等ではないんですか」
「ガードマンとして住めますよ」
「好みうるさいんで」
「ビジネス?スクールに通うつもりなんで、学生です(30代の社会人)」
「大家の連絡先ください、直談判します」
「お姉ちゃんと一緒の所なら安心だから弟もお願いします(親御さんから)」等々。

上記の話をたまに来る大家さんから聞いていた。
私が住んでいた2年間で5~6人くらいはいたと思う。


90: 修羅場家の日常 2018/08/17(金)19:30:34 ID:IFI

そして私が直接対応した男性もいた。
その人は直接物件に来て
「ここに住むみなさいと言われました」
言ってきた。

大家さんを呼び詳しく聞くと
「知人の占い師に言われた、
ここに住むといいと言うんで来ました」
と繰り返していたので、警察に来て頂きました。

後に聞くと不動産屋さんで建物の住所を覚え、
外観写真を頼りに来たそうだ。

「女性に囲まれて生活したかった。
それに女性だけだとつまらないだろうし、
僕がいた方が楽しく生活できる」と考えて。

この事件が起きた後、
入居者に何かあってからでは遅いともう広告には載せず、
不動産屋に来店した女性だけに紹介しているそうだが、
来月から管理人として再びこの物件に住む事になっている。

元レスリング部のおばちゃん(176cm94kg)が
居るとなったらもう来る事もあるまい。


引用元: 何を書いても構いませんので@生活板65