7

187: 修羅場家の日常 2018/08/20(月)01:15:59 ID:lut

元彼A男は大学の同級生だった。

大学3年生から付き合いだし、同じ会社に就職した。
部署は別だけど。

26歳の時にA男からプロポーズされ、もちろん受けた。
そして二人で新生活についてあれこれ話しあった。

家事の分担の話になった時、A男に
「家事はちゃんと手伝うよ」
と言われて

「いや、『手伝う』は変だよね? 
家計は二人で同じ額だけ負担するんだし、
家事は『分担する』ものでは?」
と返したら

「揚げ足取りだ! 
やらないって言ってるんならともかく、
ちゃんと家事するって言ってるのに!」
とキレられた。




その後は売り言葉に買い言葉で派手な喧嘩になった。

そして三日後、A男から
「お前みたいな意地悪女はイラネ。
俺は優しくて可愛いB子ちゃん(A男の同僚)と付き合うから」
と言われた。

実際にはもっと長くて、私sageB子age、
B子と付き合うことの正当性をgdgd語っていたけれど、
まとめるとこんな感じ。

なんでも私とケンカして落ち込んでる所にB子に食事に誘われ、
酒も飲んで気分が盛り上がり、そのままB子の家にお泊りしたそうだ。

B子には、
「自分のことだけじゃなくて
相手のことも考えないといけませんよ」と、
真顔でアドバイス()された。

こちらも実際にはもっと長く、
色々言われたので要訳した。

A男と私は一応婚約していたのだけれど、
口約束に近いものだったので、
慰謝料とかはもらわなかった。

後で聞いたんだが、
B子は以前からA男を食事に誘ったり、
手作り弁当を作ってきたりしていたらしい。
(さすがにA男は弁当は受け取らなかったらしいが)

私とA男は社内公認だったから、
B子も私のことを知ってたはずなんだけどね。


数カ月後、資料室に必要な資料を探しに行ったら、
B子にはち合わせた。
その時資料室にいたのは、私とB子の二人だけだった。

B子は何故か私を睨むと、
「私とA男くんはすっごい仲よしだから! 
A男くんは毎週末私のマンションに来るし、
けんかしてもすぐ仲直りするし、
夜もすごく求められてる!」

「夜も~」のあたりはもっと露骨な表現だった。

なんで振られた側の私が絡まれなきゃいけないんだよ、
と思いながら
「よかったですね」
と言ったら

「両親にも紹介したから!」
と、捨て台詞のように言って、去っていった。

私とA男は別れてから連絡を取ってないし、
仕事で絡むこともない。

A男との浮気を疑われる要素はないんだけど、
同じ会社に元カノがいるってだけで気に入らないのか?
と、うんざりした。




188: 修羅場家の日常 2018/08/20(月)01:16:26 ID:lut

それから一カ月後。

会社の一階ロビーでA男に待ち伏せされた。
「話があるんだ。二人で食事でも」
断ったけどしつこく食い下がられたんで
「今ここで話して。でなきゃ聞かない」
と強く言ったら、しぶしぶ話しだした。


A男とB子は最近うまくいってなくて、
先日派手なケンカをしたそうだ。

B子は独身の男性上司と飲みに行き
「A男くんに振られちゃったんです」
と、深酒。
その後、ホテルに行ったそうだ。

B子と別れたつもりはなかったA男は驚いたが、
B子の気持ちが既に上司の方に行っていたので、
別れるしかなかった。

B子は上司と付き合うつもりだったそうだが、
上司にはその気がなくて断られたそうだ。


それを聞いて
「うわー、見事な因果応報だねー! 
私にしたことがそのまま帰ってきてるー」
と大笑いしてしまった。

A男はキレ気味に
「お前とよりを戻してやろうと思ったんだけど!」
「いやいやw 私、もう、彼氏いるから」
「はあ? もう新しい彼氏いるの? 早くない?」

また大笑いして
「何言ってるのwww
私と別れる前に、B子と付き合いだした人がwww」

笑いまくったら、
脈はないのが分かったようで、
むすっとして帰っていった。


その後、一年くらいして転職したのだけれど、
それまでの間にB子はもうひと組、
同じようなパターンでカップルを壊していた。

B子はおっとりして家庭的な印象の女性で、
結婚願望が強いらしいが、
カップルクラッシャーしていたら、
結婚は難しいんじゃないかな。


引用元: 何を書いても構いませんので@生活板65