857ee4f404f965a3a4c058f2022bc144_s

516: 修羅場家の日常 2017/07/31(月)10:42:24 ID:PDz

両親が離婚して父親に引き取られ、
その数ヵ月後に再婚するからと中国人を紹介された

こんな水商売の女なんて嫌だと反対したら
2人がかりで意識飛ぶまでぶん殴られた

家出したいって母親に相談したら、
母は事情があって今は一緒に暮らせないけど
母方の従姉が助けてくれると言うので
彼女のところに身を寄せた

しばらく従姉のところで暮らして、
その後ようやく母が迎えに来てくれて
一緒に海外に行った

母は独身時代にその国で働いたことがあって、
離婚後はまたそこで働くってことで話を進めてた

いきなり子供をつれていきたいって母が言ったから
先方と少し揉めたけど事情を話してOKもらったらしい



あっちでは家庭教師をつけてもらった

本当は日本人学校があったんだけど、
日本では義務教育もろくにいけてなかったから
いきなり入っても
ついていけないだろうからってことでw

事実、足し算引き算は指を使ってできる範囲までだし、
掛け算割り算はお手上げ
漢字も自分の名前と近所の地名くらいしか読めなかったしw

それでも向こうで母が再婚した人がとてもいい人で、
大学まで行かせてもらってそれなりに自活できるようになった

あっちにいるときも時々日本には帰国してて、
将来は日本で働きたいって思ってたから
25歳の時に帰国して就職した

帰国したよ~と久しぶりに従姉に連絡したら、
あんた捜索願いだされてテレビでも探されてる!
って言われてワラタ

警察には事情を話して
「父には見つかったと言ってもいいけど
個人情報を伏せてくれ」
ってお願いした

テレビのほうの公開捜査は、
帰国するもう何年も前の話だったけど、
念のため局に連絡して事情を打ち明けた

会って確認したいって言われたから、
絶対に父に情報を漏らさないって約束の上で会ってきた

おまえ見習いだろwwみたいな若い男性が来て、
色々話をして、次に同じ番組を作ることがあっても
私については一切触れないでねって約束をしてもらった
「ドラマみたいな人生っすね!これで何か作りましょうよ」
って言われて馬鹿かと思ったw

先日テレビ見てたら、
そのときの見習いみたいな男性が番組内に出てて、
案外出世してて思わず吹いたw




517: 修羅場家の日常 2017/07/31(月)11:08:59 ID:FCM

>>516
お父さんは何のために捜索願いだしてたの?たかる為?
それにしてもテレビ局にはどんな風に事情話したんだろw


518: 修羅場家の日常 2017/07/31(月)11:19:28 ID:DIL

フェイク入れてるだろうけど、あの番組で見たあの行方不明の子かな?パッタリやらなくなったなぁ…って思う人が何人かいる事にびっくりだ
こんな事情で行方不明公開捜査されてる人が大半で、本当に拉致監禁されていたり命落とした人は少ないと思いたい


519: 修羅場家の日常 2017/07/31(月)11:39:00 ID:PDz

>>517>>518
母方がそれなりの資産家だったから、それ目当てだったんじゃないかなぁと思ってるけど
家を出てから一切連絡とってないからわかんないw
その番組の録画を見たら「家庭事情で悩み、家出をしてそのまま・・・」みたいな言い方してたw
私の顔を見るたびにつばを吐きかけてきた継母が、日本人みたいな名前になって「帰ってきて~」って泣いててワロタw
特定されてもいいや~って思って書いたけど、もしかしたら>>518さんの言ってるやつだったりしてw

長くなるから省いたけど、一度帰国したときに、母親が捜索願のことを知って警察に行ったそうだよ
当時も今も私には全然話してくれなかったから、そのへんどうなったかは知らないけど
↑こういう事情があったから、私が警察に話にいったときもスムーズに事が進んだらしいw
オカンwそういうのは情報共有しろwwってずっこけたw

当時は私も年齢的には高校に行ってる頃で、親権者が父のままだったから結構揉めたんじゃないかなぁ?
再婚を機に母のほうに移ったようだけど


523: 修羅場家の日常 2017/07/31(月)15:14:26 ID:DIL

うん、多分>>519はあの子だなwww
元気そうで何よりだよ、本当
情報共有しなかった母の意図は何だろうね?
単純に気にしてなかったのか
面倒に巻き込みたくなかったからなのか


524: 修羅場家の日常 2017/07/31(月)18:51:41 ID:PDz

>>523
気にかけてくださってありがとう
いい年して独身なくらいでめちゃくちゃ健康ですw

多分前者だと思うなぁ
イタリア人もドン引きののんびりやだからw


引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その23】