3

446: 修羅場家の日常 2017/03/03(金)12:09:16 ID:Zrz

以前介護施設で働いていたんだけれど、
その施設は入居金はいらないけれど
完全個室だし月々の費用は20万前後~とちょっと高額。
入居者は自身の年金で賄える人が大半なので、
平均より少し裕福な人が多かった。
その中にМさんという男性がいて、
その人は未婚で後見人は郷里の甥だった。




Мさんが亡くなってから2年くらいして、
私の自宅に弁護士から電話があった。

「Мさんと言う方をご存知ですか」と聞かれたので、
え、ナニ?シ因に問題アリとか?
とドキドキしながら「○○(施設)で亡くなった方ですか」と聞くと
弁護士は少し驚いた様子で「ご存知だったんですか?」と言った。

「亡くなった時に私はその場にいたので」と返事すると
「えっ?」と心底驚かれた。

しばらくかみ合わない会話をして、
詳しく話を聞くと、なんとМさんは
私の実の祖父だという。

・・・なんのどっきり?悪戯?ナニこれ?
と半信半疑で話を聞いていたんだけど

後日、弁護士事務所に行って詳しい話を聞くと、
本当にМさんは私の実祖父だった。
私が祖父と呼んでいた人は祖母の再婚相手だった。

母は既に亡くなっていたので叔父(母の異父弟)に聞くと、
祖母は母が幼い頃
МさんのDVに耐え切れず離婚、数年後に祖父と再婚したらしい。
私は見た事はないけれど、
祖母の全身には傷跡やタバコの火傷痕があったらしい。
Мさんの相続人は母一人だったので、
Мさんの甥はずっと探してくれていた。

遺産は結構な額があったので、
甥さんと半分にして経費は甥さんに持ってもらった。
私の分は自宅ローンと子供たちの進学費用でちょうど無くなった。

私の方が後からМさんのいる施設に就職したし、
倒れているМさんを発見したのもたまたま。
Мさんは穏やかな人だったけれど、酒癖が悪く、
自室で飲酒しては
よく問題を起こす人だった。

なんとなく、どんな風に祖母に暴力をふるったか想像がついた。
母の背中にポコリとあったあの穴、
もしかしたらタバコ痕だったのかもしれない。

遺産はありがたく頂いたけれど、墓参りは一度も行っていない。


引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その17