img01

145: 修羅場家の日常 2016/10/06(木) 18:21:30.98 ID:6qw0BbPx

双子の妹と就職の報告を親父にした時、実は俺達が亡くなった母の不貞で
生まれた子供だと教えられたのが修羅場・・・


145: 修羅場家の日常 2016/10/06(木) 18:21:30.98 ID:6qw0BbPx

<続き>

親父は母がガンで亡くなる直前にその事実を聞きだした。
「成人して働くまでは養ってあげて欲しい」
という遺言を守っただけと説明してくれた。

俺、妹大泣き状態
でその後
「実は今付き合っている彼女と今度結婚するから二度と
会わないでもらいたい」
といわれた。

親父曰く今度こそ本当の家族を手に入れたいんだと
母の両親はもういないし実父も慰謝料払った後母の
後を追ってしまったそうだ。

その後急遽妹と住むところを探してなんとかなったけど
しばらく妹が情緒不安になったりと大変だった。

今は30後半だけど俺も妹も結婚する気は全くない
特に親父を恨んでいるわけでもないが血のつながらない
自分を裏切った女性の子供を育てるのはどんな気持ちだった
のかと考えるとなんとなく自分が家庭を持ってはいけない
ような気分になる。


146: 修羅場家の日常 2016/10/06(木) 23:01:47.36 ID:btm0A2zB

>>145
そうだね、黙って死ねば良かったのに死に際にそんな事言うようなクソビッチの子は結婚するべきじゃないよよ



147: 修羅場家の日常 2016/10/07(金) 00:13:01.88 ID:Z12v0pdL

>>145 
母はいつ亡くなったんだ?

148: 修羅場家の日常 2016/10/07(金) 00:26:53.36 ID:aE6meJuD

>>146みたいな奴が一番結婚してはいけない人種って事だけはわかった


161: 修羅場家の日常 2016/10/07(金) 17:42:35.67 ID:fPz7/+YV

>>147
俺が5歳の頃亡くなった
せめて何らかの恩返しをしたい、と申し出たんだが
「もう一切関わらないでくれ」
といわれてしまいそれ以降会ってないんだ

普通に愛情を注いで育ててもらったと思っていたから
あの親父の変わりようにはショックだったよ。

ただあれが親父の本心だったんだな、と解ってからは
自分達は親父の人生の大半を苦しませてきただけなんだ
と思うようになった。





162: 修羅場家の日常 2016/10/07(金) 18:23:42.88 ID:YO2/8te3

新しく妻となる人はあなたたちのこと知ってるの?
彼女の方には美談として語ってたら胸糞悪い


163: 修羅場家の日常 2016/10/07(金) 18:32:14.35 ID:CtPDRi2Z

いや、父親が責められるところはないじゃん
事実を明かすその時まで子供が気がつかないくらいちゃんと父親として振る舞って育てたんだろ
子供からしたらショックなのは分かるけど、それ以上を求めるのは酷だよ


164: 修羅場家の日常 2016/10/07(金) 18:34:56.78 ID:fPz7/+YV

知ってるよ。
親父が全部話したと言っていた。
彼女のほうから本当の家庭を作ろう、と提案された
といっていた。

当時、親父はまだ40前半だから今から子供を作っても
遅くないと気がついたため俺達との縁を切りたかった
んだろうな。


165: 修羅場家の日常 2016/10/07(金) 19:21:41.45 ID:GmikJu1z

>>164
もし恩返ししたいと思ったら
戸籍上は親子関係が残っていると仮定して
将来的に、お父さんの介護を求められたら協力する
戸籍上の弟妹に援助を求められたら協力する
(お父さんの年齢的に、戸籍上の弟妹が大学生の時に定年を迎える可能性が有るから)
お父さんが亡くなったら相続放棄して、遺産は新しい家族に渡す
て考えて、その準備(貯金とか)を心掛けてみるとか


167: 修羅場家の日常 2016/10/07(金) 21:07:03.47 ID:z4sCSJS1

>>164
親父、たぶん>>164たちのこと忘れちゃいないぜ
これからも忘れることないぜ
良いじゃねぇか
巣立ちには頃合いの良い時期だったんだよ




168: 修羅場家の日常 2016/10/08(土) 06:59:55.21 ID:sogRJ1dn

オヤジからしたらクソビッチの後始末をしただけなんだから、もうどうでもいい関わりたくないが本音だろ


169: 修羅場家の日常 2016/10/08(土) 09:44:12.50 ID:5FxQtJ4Q

遺産貰えるやん


170: 修羅場家の日常 2016/10/08(土) 12:03:27.87 ID:s1V8IzBR

親父は子供のいる珍しいタイプの童貞だったんだろうか


171: 修羅場家の日常 2016/10/08(土) 14:14:46.55 ID:kcqP6ugL

お父さん人が良すぎ。 
俺は、自分の子供じゃないことが分かった直後に孤児院へ放逐。(身寄りは俺以外、行方不明か死亡) 

当時、ガキは13才だったけど、半年ぐらい経って12/24に電車に飛び込んだと、連絡があったよ。なんか役所のBBAが俺の所為で死んだみたいな言い方をしてきて腹が立った。

172: 修羅場家の日常 2016/10/08(土) 14:27:34.26 ID:ieJUS/18

そりゃ子供自身に罪はないからね
子供からしたら理不尽に捨てられたのと同じ


173: 修羅場家の日常 2016/10/09(日) 00:20:20.32 ID:qYcFE5W7

何を言ってるんだ?理由はあるじゃねえか。
だいたい、罪がなければ罰を受けなくていいと言う理屈がわからんな。

174: 修羅場家の日常 2016/10/09(日) 00:24:24.09 ID:if0oeEGA

役所のBBAウザすぎ 
子供に罪はないけど171には関係のないこと 他人なんだから
 
>>164のお父さんすごいわ


引用元: 今までにあった修羅場を語れ 31話目