1fcf3b3d937f8f6b6894aacda4f871a2_s

909: 修羅場家の日常 2018/03/21(水)12:01:05 ID:Blg

去年被災した
家族全員仕事で家にいなかったから命は無事

でも家は跡形なく流されて何もかも失った
それを大変だろうと友人知人が
色んな物をくれるけど

人に譲れるものって結局自分が使わない物で
こちらも貰っても使わないから
結局始末に手間をかける羽目になる




私がデブで服はLLを着てる
標準体型の人から「服をあげる」
と言われても入らないから結構ですと
はっきり断ってるのに
SやMサイズの服を渡されるから
捨てるのも悪い気がして着れる人を探し、
引き取り手のない服は処分
これが地味に手間と金がかかる

避難所から仮設に移って新生活始める時は
基本的に用意されてる生活用品もあるし
足りない分を最低限買うから何もいりません、
と断ってるのに普段遣いに向かない
馬鹿デカい大皿やワイングラス、

懐石料理に使うような特殊な形の皿、
チーズフォンデュセットといった
我が家では絶対つかわない特殊アイテムを
渡されて本当に困った

寝具も何人かくれたけどそれが全部、
葬式や法事のお返しで貰う薄い毛布

必要なのは夏のタオルケットや
冬の厚い毛布なんだけど
その中間の出番がないアイテム

箱入り未使用なら
リサイクルショップに持っていけるけど
ご丁寧に「すぐ使えるように」
と洗濯した物をどっさり渡されて
狭い仮設じゃ邪魔だし引き取り手探しても
「こういうのは使わない」
と誰も欲しがらないから
知人のペットの寝具として消費して貰ってる

自分じゃ使わないと断ったのに
ハンドタオル沢山プレゼントされたり
仕事上の付き合いで顔も見たことない相手から
アクリルタワシをダンボール3箱分
突然送りつけられたなんて人の話も聞くし

お年寄りはお見舞いで持ちこまれた
カップラーメンとジュースの処分に困ってた

確かに災害直後は支援物資って
すごくありがたかったけど
私が経験した災害の場合、
数キロ先は無傷で日常の暮らしが営まれて
店も通常営業してた

だから必要なものは自分で買います物はいりません、
と何度も断ってるのに
使い道のない物を好意で渡されるの本当にストレス

この間も「引っ越すからあげるよ」
とボロボロのカラーボックスや
不揃いの収納ケースを渡されそうになって、
断ったらムッとされて疲れた

「被災者は困ってるからなんでもあげれば喜ぶ」
って考えてるのかな

こっちが頼んでるならともかく、
いりませんと断ってるのに
押しつけてくるのが困る

自分が人から貰って嬉しいものかどうか
冷静に考えて欲しい


912: 修羅場家の日常 2018/03/21(水)13:13:41 ID:ZRa

>>909
>この間も「引っ越すからあげるよ」
>とボロボロのカラーボックスや
>不揃いの収納ケースを渡されそうになって、
>断ったらムッと


こりゃひでぇ
人間として心の何かが欠損してるレベル

こういう人間にも支援物資に
必要な心配りが常識として認知されるのは
あと何年かかるのだろう

ここまでいくと残念だけど

>自分が人から貰って嬉しいものかどうか
>冷静に考えて欲しい

こんなこと100%できないと思う

今ならそういうのに対応するNPOとかあるかなと
軽くググったらまだ?ないみたいね…


引用元: 何を書いても構いませんので@生活板58