242f2d784e4fab3f169220dd3c52b1f7_s

303: 修羅場家の日常 2016/01/21(木)00:22:02 ID:iEQ

弟をコロしたこと。

外に向けては母の監督不行き届きで
弟が走行中の車のドアを開けて
車から落ちての事故になっているけど
本当は私が走ってる車から突き落としてコロした。

母はもう自サツしてこの世にいないから、
このことを知っているのは私しかいない。




304: 修羅場家の日常 2016/01/21(木)00:28:10 ID:iEQ

私は弟が生まれて母が父と離婚するまで虐待されていた。
母が同居の祖母からイビリを受けていたことの
八つ当たりに使われたんだと思う。

誰も見ていないところで抓られたり、
一緒に買い物に行った帰りに
ぐずる私を走り出した車から蹴り落とされたり、
泣くと泣きやむまで背中を蹴られたりは日常茶飯事だった。

私が4歳の時に母が妊娠し、
それから少しして母は離婚して
私と母の二人で暮らすようになった。


305: 修羅場家の日常 2016/01/21(木)00:33:32 ID:iEQ

イビリがなくなって母は180度変わったかのようになり、
私は暴力を振るわれることもなくなった。
でも謝られた記憶はない。
それから少しして弟が生まれた。
弟は生まれてからずっと優しい母の愛情を受けていた。
まだ5歳になったばかりの私には母が変わった理由もわからず、
暴力もうけずにただ愛される弟が許せなかった。

私はずっと怖い母の存在に耐えて
やっと優しい母を手に入れたのに
弟は生まれたときから無条件に優しくされることが
我慢できなかった。


306: 修羅場家の日常 2016/01/21(木)00:38:20 ID:iEQ

だから代わりに私がこいつに辛い思いをさせてやろうとおもった。
私が一番されて怖かったこと、
走る車から蹴り落とされることを弟にもやってやろうと思った。

そして家族で出かけた際に、
後部座席にいた私は同じ後部座席の弟のチャイルドシートをはずし
高速道路走行中の道路にドアを開け突き落とした。

当時の私は高速道路なんて理解しておらず、
より早く走ってるときに落としてやったら
より怖いだろうというくらいにしか思ってなかった。




307: 修羅場家の日常 2016/01/21(木)00:43:15 ID:iEQ

それからは母の叫び声と急ブレーキが強烈に印象に残っている。
母にものすごい剣幕で詰め寄られ、昔の母を思いだしてしまった。

私は、私だけお母さんに殴られたりしたのに
弟は殴られもせず優しくされてる、
ズルい!というような内容を泣きながら伝えたと思う。

結局私はそれ以上攻められることもなく
気づけば母がチャイルドシートを閉めずに
ドアロックしていない状況で
弟が暴れて落ちたということになっていた。

私は弟がシんだと聞いたときも
これで優しい母を独り占めできると嬉しかった。


308: 修羅場家の日常 2016/01/21(木)00:46:41 ID:iEQ

正直30年以上たったが
このことに対する罪悪感みたいなものは
一度も抱いたことがない。

自分に子供ができたら罪悪感も湧くかと思ったけど
結婚して息子も生まれても弟に対する感情はなにもない。

これだけは旦那にも息子にも絶対言えない。


313: 修羅場家の日常 2016/01/21(木)09:27:31 ID:NeY

4歳にしちゃ考える事が中2レベル
それにその頃の記憶がそんな鮮明なわけがない
自分ではとても印象深くてしっかり覚えてると思ってても、
周りに聞くと全くの記憶違いだったりする

もし本当に虐待されてたとしたら、
虐待によって自分の都合の良いように、
記憶がより酷いように上書きされてる


314: 修羅場家の日常 2016/01/21(木)10:13:51 ID:vW3

チャイルドシートの義務化って2000年からだよね
30年前はチャイルドシート取り付けてる車なんて見た事なかったよ
30年前子育てしてた祖父祖母は今のチャイルドシート見て、
今はこんなのがあるのか~って感心してる
創作にしたって幼い子がシぬ話はムナクソ


引用元: 奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.3