132b44b2f8934f0ebc56ebc46c5885a1_s

825: 修羅場家の日常 2017/01/24(火)09:54:36 ID:1U4

数年前から実父の介護をしてる。
末期の肺がん。

抜いても抜いても水が溜まってきちゃうような状態だから、
恐らく長くても来年の年越しは無理だろうと言われてる。

父は「治療はもういいから
出来るだけ苦しくないようにしてもらいたいなぁ。」
なんて言ってたけどふざけるな。

だれがお前を楽にシなせてやるもんか。




私や妹や母をあれだけ苦しめたんだから、
お前も苦しんで苦しんで目も当てられない姿になってからシね。

その姿を1番近くの特等席で見て笑ってやる為に
わざわざお前の介護なんて事を引き受けてやってるんだから。
って言ったら驚いた顔してやがった。

「家族だから全て水に流して許してくれてる、
だから介護を受けてくれたんだ。」
とでも考えてたんだろうけど冗談じゃないわ。


826: 修羅場家の日常 2017/01/24(火)11:04:09 ID:QlX

>>825
介護なんて凄く大変なのに
復讐のためとはいえ看てあげるなんて1U4は優しい子だね


827: 修羅場家の日常 2017/01/24(火)11:55:33 ID:CYF

寧ろ無駄に金掛けて
ダラダラ生かしてる方がストレスだし
時間の無駄じゃね?


828: 修羅場家の日常 2017/01/24(火)12:09:09 ID:1U4

病気になりました~
たいして苦しみもせずあっさりシにました~
なんて絶対にさせたくない。

金ならいくらでも出すから
意味のない苦しい治療やって管塗れのしょうもない姿晒して
食べ物も食べられなくなって骨と皮だけの
ガリガリ状態になってからシねばそれで満足。

介護引き受けてるって言っても金出して、
必要な書類を書いてるぐらいしかしてないよ。
あいつの身の回りは家政婦雇ってさせてる。
見舞いにはほぼ毎日行ってるけど。
日に日に体力が衰えていってるのを見ると本当に幸せ。

早くこの世から消えればいいのにって思いと、
1日でも長く生きて私を楽しませ続けてほしいって気持ちがある。


830: 修羅場家の日常 2017/01/24(火)12:32:28 ID:NJG

それで>>825の気が済むなら良いと思う
父親はその仕打ちをされるだけの事をしてきたんだろう
父親がシんでしまっては復讐も出来ないしね


832: 修羅場家の日常 2017/01/24(火)13:06:36 ID:1U4

母が働きに出る事を許さないくせに生活費は入れない、
仕事に必要な金が足りないからと
私や妹の肌着を知人に売る、誰かが病気になると
「汚い病原菌は家にいる資格がない!」って放り出す、

耐えられずに妹と2人で家出して
交番に助けを求めに行ったけど
外面だけは本当にいい父だったから
すぐ連れ戻されて5日間の食事抜きとか、
本当にクソだったよ。

そんなあいつが楽にぽっくり逝くなんて冗談じゃない。
私達と同じくらいに苦しめばいい。




833: 修羅場家の日常 2017/01/24(火)13:27:44 ID:Z9v

>私や妹の肌着を知人に売る
ヤバイ、ヤバイ怖い…


834: 修羅場家の日常 2017/01/24(火)14:37:39 ID:NJG

>>832
父親がシぬまでバレないように
法律に触れない程度に
恨みの丈をぶつけちまいな!!!
と応援したくなるな


835: 修羅場家の日常 2017/01/24(火)14:49:40 ID:Z9v

自サツしないように手足折れば?
私は祖母にそれをしかけた


836: 修羅場家の日常 2017/01/24(火)15:32:58 ID:1U4

肌着を写真付きでも売ってたみたいで
何度か小学校に変な人が
見にきてる事もあって本当に気持ち悪かった。
襲われたりとかはさすがになかったけど。

>>835
そんな事しなくても
あれに自サツするような勇気ないから大丈夫w
所詮は内弁慶だからw

本当はビビリのヘタレのクズ、
自分より弱い相手に対してしか強く出られないんだよ。

それに私はあくまでも
あいつにされたのと同じ事をやり返してやりたい。

私も外面良く、
あいつがたとえ誰に何を訴えても誰も信じない、
誰も助けてくれない状態にしてやりたい。

骨を折ったりして万が一でも私が疑われるような事にはしたくない。


837: 修羅場家の日常 2017/01/24(火)19:07:46 ID:fuY

金出してるのか
結局奴隷体質はかわらないのね
かわいそ


838: 修羅場家の日常 2017/01/24(火)19:27:32 ID:tUQ

お金あるんなら別にどう使ってもいんじゃね?
でも衝撃受けたのは1U4じゃなくて父親な気がする…w


引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その16