8

929: 修羅場家の日常 2014/12/16(火)21:54:22 ID:tCU

卒業論文を書いてる合間に息抜きで投稿させて頂きます。
果たして修羅場と言えるのか分かりませんが、よろしくお願いします。
修羅場とは3年程付き合った元カレとのことです。少しだけフェイク入れます。

私:大学の四年生。
元カレ:生活費を稼ぐためにしてたバイト先で出会う。ゲーオタ。20代後半。


私の昔のバイト先で出会いました。
年は当時の私よりも6歳離れており、
その時の彼はフリーターでした。

シフトの時間帯がいつも数時間しか被りませんでしたが、
わずかな時間で話したり、お互いオタクだったもので
漫画やアニメの話をしたりしてました。
ある時一人暮らしの私の部屋で、
元彼が過去の恋愛話をしてくれました。
その時私はすでに元カレのことが好きだったのですが、
元カレは嘗て恋人を親友に寝取られたことがあったらしくそれを私に
聞かせてくれました。

そんなこともあって私がこの人のことを幸せにしてあげようと思い、
告白、晴れて付き合うことになりました。




元カレは父、母、兄、姉1、姉2の六人家族で、
市営住宅の古い団地に住んでいました。
60歳後半父は仕事もせず、
毎日飲み歩いてばかりで
私との交際期間中に癌で亡くなってしまいました。

母(とても優しい人でした)は
いつも家にいる専業主婦でした。
そして兄は40歳前半で、すでに妻子持ちで別居。
残りの姉二人も兄と同じです。

元カレは末っ子で父、母、元カレの三人で暮らしていたみたいですが
父が亡くなり、母と二人暮らしをしていました。
この亡くなった父というのがかなりの食わせ物だったらしく、
兄が大学に行きたいと言っても決して行かせず、
姉2が専門学校に行くために
必死に溜めたお金を自分の酒代に使ってしまうような人でした。
おまけに手が出るのが早い人らしく
兄や元カレはよく殴られたそうです。

そのせいで元カレも家を出た兄や姉たちは両親を嫌っており、
父が亡くなり、フリーターの元カレと
専業主婦の母しかいない実家に援助することを拒否したそうです。

そんな複雑な家庭環境のせいもあってか
後になってから元カレが歪んでいることを知りました。


930: 修羅場家の日常 2014/12/16(火)21:55:04 ID:tCU

929続きです。

元カレとは一緒に映画に行ったり、
ゲーセンに行ったりと楽しいこともありました。
けれどだんだん元カレのことや家庭環境を知っていくうちに
なんだかおかしいと思うことが多くなりました。

恋人同士でディズニーに行くのが夢だと元カレに伝えると、
「ディズニーは嫌いだ。
そんなに行きたいなら俺が行きたくなるようにプレゼンしろ」
というようなひねくれっぷり。

元カレの部屋の壁や障子には多くの穴が開けられてました。
その理由は趣味のゲームで負けた苛立ちで物に当たるからです。
「これコントローラー投げつけて穴が空いた」と
さも当然のように教えられた時は驚きました。
投げた物で私が怪我をしたこともあります。

さらに私に対する暴言です。
私は元カレと三年付き合いましたが
「好き」や「可愛い」や「愛してる」なんて言葉
ほとんど言ってもらえませんでした。
ましてや「君の内面は好きだけど外見は好きじゃない」
「太ったら別れる」など言葉で痛めつけられることが多くなりました。

そして喧嘩すると元カレは机を叩いたり、
物を投げたりして私を威圧してきます。
声を低くして私を睨み、
私が悪くなくても謝らないとその場が収まりません。
元カレは「自分が悪いと思わなかったら絶対謝らない」という人でした。
6歳離れた私のことを見下していたんだと思います。

私が学校で忙しく、ラインを読むのが遅くなり、
返事をすると元カレは私が返事しなかった時間分私に返事を返しません。
以前そのことを話したら「俺と同じ分だけ苦しめ」と言われました。
私はどうしても彼の怒鳴り声に堪えられませんでした。
男の人ってこんなにも怒るの?と思ったほどです。

そして元カレは喧嘩の終盤によく泣きます。
正直私は男のくせに・・・と思ってしまいました。
まるで「お前のせいで俺はこんなに苦しんでいる!」と
言われてるみたいでした。

恋は盲目とはよく言ったもので、
当時の私は元カレを怒らせる私が悪いのだと思い込んでいました。
周りにもあまり言いだせず、
こんな人だけど優しいとこもあると自分に言い聞かせてましたが
彼の言動で泣いてばかりの日もありました。

彼の家庭環境を知り、
あまり離せなかった元カレの父は
こんな感じだったのかもしれません。

後にモラハラという言葉を知り、
もしかして彼はこれじゃないのかと思った時、
このままでは自分は幸せになれないと思い、
別れようと決断します。

丁度その時通っていた大学から
別の大学に再入学することが決定し、
ずっと頑張ってきたことが報われ、
元カレにも喜んでもらえると思ってました。

けれど元カレは別の大学に入学することで
遠距離になってしまうことを気にしてばかりで、
それは私が就職が決まっても同じ反応でした。

私が内定をもらえる頃には彼も就職していたのですが、
私の給料ばかり気にしていつも聞いてきました。
きっとこの人はこの先私の成功の足を
引っ張り続けるのかもしれないと思うようになります。

だんだん元カレといることが苦痛になり、
友人に相談し、私は元カレと別れることを前提に話始めました。



余談なのですが私は元カレとは一度も最後までシませんでした。
というのも私は好きな人と結ばれたいと思っていたのですが、
彼は結局一度も私を抱いてくれませんでした。
私のことを可愛いくないと思っているからなのだろうな、
と思い込むようになり、
それで何度も喧嘩したことがあります。

別れる間際、彼は私のことを恋人というよりも
いつでも遊べる友人だと思っていたことを知り、
本当にショックを受けました。
確かに何か楽しいことをしている時の元カレは笑顔なのですが、
やりたくないことをしなければいけない時は本当に
テンションが下がり、何度も私が慰めました。

私の事を最後まで抱かないこと、
私の成功を喜んでくれないこと、
今までの暴言のこと
全てを正直にラインで話しました。
これまで元カレに怒鳴られるのが怖くて
思ったことが言えませんでした。

お互いに言いあいながら、元カレは私に
「シたいシたいってお前の頭の中それしかないのか?
あと体臭とかいろいろ耐えられない。」などなど
この先決して私が忘れられないであろう暴言を吐かれました。

体臭、なのですがちゃんと毎日お風呂に入ってますし、
今まで自分の匂いで何か言われたことがなかったため
その後友人の何人かに聞いて見た所、
特に気にしたことはないと言われました。

暴言の後、元カレは
「こんなこと言う俺は最低だ。シねばいい」
とだけ送ってきて、
その時私はこの人は自分のことしか考えていないと知りました。

謝られることもなく、私は元カレに別れを切り出しました。
その返事はありません。
別れて数か月経ちますが何の連絡もないので、
了承してくれたのだと思います。

書いてみて修羅場というほどでもありませんでしたね・・・


933: 修羅場家の日常 2014/12/16(火)23:03:44 ID:Bmu

>>930
十分修羅場だよ

無事逃げられてよかったけど、こういう相手は諦めが悪いから、
身の回りには気を配っておいたほうがよいかも


934: 修羅場家の日常 2014/12/16(火)23:11:30 ID:tCU

>>933
929,930です。ありがとうございます。
色んな方の修羅場話を読まさせて頂いていたので
自分はそんなにでもないのかなと

思ってしまっていました。

確かに今でもあのまま別れず関係を続けていたら
どうなっていたか分かりません。

ズルズル続いて、気づいたら結婚してて
(元カレには君と結婚したいと言われてました)、
元カレのモラハラに耐えられなくても

逃げられない状況にいたかもしれません。


935: 修羅場家の日常 2014/12/17(水)07:06:39 ID:jWx

元カレは自己愛の塊のカスだったんだな。

もっとも、
シんだ父親の教育の賜物何だろうけど、
そうやって自分を守らないと生きていけない人種なんだろうな。

次の良い出会いを探そう!


936: 修羅場家の日常 2014/12/17(水)09:37:57 ID:XSO

>>935

929.930です。
お優しい言葉ありがとうございました。
元彼は父を嫌っていたようなのですが、
私には嫌いと言いながらそっくりだと思ってました。


今だから言える話、浮気を擁護するわけではありませんが
そんな元カレに愛想が尽きて
元カレの元カノも彼の元を離れたのかもしれません。


厄落としカキコでしたがレスを頂けて嬉しかったです。

ありがとうございます!


引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その6】